Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

コラム

【メーカーと何が違う?】Switchを修理に出す時の修理店の選び方

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

今回、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が壊れてしまった時、どこに修理に出せばいいのか?」、そんな疑問にお答えしていこうと思います。

今や大人気ゲーム機となったNintendo Switchですが、使用頻度が高い分壊れてしまうことも多いです。
ゲームドクターも修理屋を始めて1年と少しで1000台以上のSwitch修理をご依頼いただきました。

「メーカーに修理を出すべきなのか?」それとも「専門の修理店でも良いのか?」
迷われる方も多いはずです。

本記事では「Switchを修理を出す場合の最適な方法」について解説をしていきます。

Nintendo Switchを修理に出す場合の修理先はどこ?

主にSwitchを修理に出す場合は2つの選択肢があります。

Switchをメーカー修理に出す

皆さん最初に思いつくのはメーカー修理でしょう。

もちろんですが、メーカーもSwitchの修理を行なっており、本体に保証期間(1年)が設けられているので、保証期間内の自然故障であれば無償・自己破損や保証期間がでも修理受付は行ってくれます。

 

最新の有機ELモデルを含めて全機種で修理対応をしてくれます。

Switchをメーカー以外の修理店に出す

最近ではSwitchの修理を元々スマホの修理をしている修理店や、ゲームドクターのように専門で修理を行うお店も増えてきています。

全国にも多数あり、探せばいくらでもあります。

メーカー保証は使えないですが、修理のラインナップはメーカー修理と殆ど変わらないのが特徴です。

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

メーカーとメーカー外で行うSwitch修理のメリットとデメリット

では、続いて皆さん気になるところでもあると思うのですが、メーカー修理とメーカー外修理のメリット・デメリットについて解説をしていきます。

メーカーでSwitchを修理する場合のメリット・デメリット

メリットとしては先ほども書いたように保証期間内の自然故障であれば、無償で修理対応が可能です。
保証期間外であっても、そこまで高くないお値段での修理が可能です。

 

しかし、修理内容によっては内部のセーブデータが初期化されてしまうことがあり、バックアップを取らないまま、例えば「充電ができない」・「電源が入らない」などの重度破損になった場合は、基板を交換されるため、データが消えてしまいます。

その他、修理に10日〜14日間程かかるのが一般的であり、場合によってはそれ以上の時間がかかるので、早く修理をしてゲームで遊びたい方は悩ましい所かもしれません。

メーカー外のでSwitchを修理する場合のメリット・デメリット

ゲームドクターのようなメーカー外の専門店で修理を行い場合、保証は使えないため無償で修理対応などはできない点がデメリットです。

しかし、セーブデータは基本的に全ての修理で消さずに修理対応が可能です。

 

理由としては通常メーカー修理でも「液晶交換」や「ゲームスロットの交換」・「バッテリー交換」などの場合は、ゲームデータはそのままで修理可能なことが多いのですが、先ほども記載したように「充電ができない」・「電源が入らない」などの重度破損になった場合は、”基板交換”になるのでセーブデータは消えてしまいます。

しかし、ゲームドクターもそうですが一部の限られたお店に限り、”基板修理”を行うことが可能であり、壊れているデータが入った基板を直接直すことが可能です。

【自分で修理は危険】Switchの充電口がグラグラして充電できない場合の対処法

【対処法】Switch/SwitchLiteの電源が急に入らない原因を徹底解説

このような高度修理プランを提供できるのが、専門修理店のメリットです。

修理期間も通常のパーツ交換であれば、最短1日〜で修理が可能です。
基板修理などの高度な修理プランの場合でも、3日〜5日程度のお時間となります。

 

ゲームドクターでは今までに数千台以上のスマホやその他デバイスの修理実績のあるプロのリペアスタッフが2人体制で修理を行っておりますが、やはり専門修理店も技術はピンキリで、誰でも参入できる関係から技術力がままならない状態で、修理を行なっているお店もあります。

なので、実績が多数ありしっかりその実績もホームページなどに載せている修理店も選ぶようにしてください。

 

ゲームドクターでは技術開示になっても、お客様に安心して修理をご依頼いただきたいので、修理工程のほぼ全てをブログなどに載せているので、是非一度見てみてください。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

Switchが壊れてしまった時、どこに修理を出していいか迷われて方や、メーカー外の修理店に依頼を考えている方は是非この記事を参考にしていただければと思います。

 

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

様々な故障内容に対応しており、「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「電源が入らない」、「エラーコード解除」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switch/SwitchLite/有機ELモデルのSwitchもご対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ