Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

Nintendo Switch 充電不良の修理

【プロが解説】Switchが充電できない原因と修理の依頼方法【3分で分かる】

Switch/SwitchLite修理専門のゲームドクターです。

Nintendo Switchが「充電がしにくい」、「角度によって出来たり出来なかったりする」、「充電が全く出来ない」などの症状になっていませんか?

Nintendo Switchの充電ができなくなるトラブルは非常に多く、突然充電ができなくなったり、充電口のグラつきにより充電ができなくなったりなど症状は様々で、USBの破損・“本体基板まで破損”が及んでいることもあります。

メーカーなどでは修理するにあたってメイン基板の交換となるためゲームデータが消えてしまい、バックアップを取っていなければ絶望的です。

しかし、ゲームドクターにお任せ頂ければ、充電ができないトラブルでもゲームデータはそのままで最短で2日〜3日でご返却可能です。

今回はSwitchが充電できなく原因・理由」「実際に修理過程・依頼方法」をご紹介していきます。

Nintendo Switchが充電できなく理由と原因

Nintendo Switchの充電トラブルは他の故障に比べてもかなり多く、以下のような原因が考えられます。

・充電器の抜き差しによる経年劣化
・充電器に足を引っ掛けたりすることによる破損
・落下や衝撃、電気トラブルによるメイン基板の破損

など様々です。

症状として充電口がグラついたまま使用されている方も多く、グラつきがあるまま使用する内部の回路パターンが剥離し、充電不良になってしまう場合やメイン基板がショートすることもあります。

この剥離が綺麗に剥がれていれば問題は無いのですが、「ランド」と呼ばれる基板のパターンごと剥がれている場合が多く、そうなるとこのパターンの再形成が必要になってくるので、通常のUSB交換ではなく”基板修理”となります。
その他、電源ICのショートなどで充電不良になるパターンも基板修理となります。

しかも、このパターン再形成や電源ICの交換はかなり難易度が高くメーカーはもちろんですが、Switchを専門に修理をしている修理屋でも行える所は少ないでしょう。

では、実際に「USB・メイン基板が破損して充電ができなくなったSwitch」の修理例を見ていきましょう。

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

充電ができないNintendo Switchを修理過程と依頼方法

ではSwitchの充電不良の修理事例を2つ程、見ていきましょう。

修理例①:Nintendo Switchの充電口がグラついて全く充電ができない

今回運び込まれてきたSwitchはコチラです。

見た目は普通なのですが、このSwitchは全く充電が出来ません。

充電口のグラつきも酷く、内部で端子が完全に剥離しているような状態です。

分解をして充電口の部品を外すと

大部分のランドが剥離しているような状態で、破損がひどい状況です。

元々ついていたUSBパーツを見ると、基板のパターンが部品に付いてきてしまってます。

ここから再形成の方をさせていただきます。

このような形で剥離しているパターンをエナメル線で結合し、電気を導通できるようにします。

再形成が完了すれば、新しい充電口のパーツを取り付けていきます。

これで充電確認を行なっていきます。

無事充電ができるようになりました。
テレビモードも問題はありません。

ゲームデータもそのままです!

修理期間はパターン修正と調整に少しお時間がかかりましたが、修理2日・修理後の検証に1日の計3日でご返却となりました。

【復旧率90%以上】Switch/SwitchLiteの電源が入らない原因と修理方法

修理例②:Nintendo Switchの充電の端子が折れて全く充電ができない

では、続いて「Switchの充電コードに足が引っかかり、充電口の端子が折れてしまった」と問い合わせをいただきました。

このように中を覗くと充電端子が折れているのが分かります。

ここから分解をしていき、USBの交換していきます。

今回はランド剥離は無く、半田面が全て生きていたので、このまま取り付けを行っていきます。

充電もしっかり出来て

テレビモードも問題ありません。

こちらは修理と修理後の検証で2日程で修理完了です。

もちろんコチラもデータそのままで修理完了です。

修理例③:急に充電ができなくなったNintendo Switch

続いて、充電口に見た目は破損が無いのに充電ができなくなったSwitchです。

全く充電ができない状態だったので、ここから分解をしていきます。

顕微鏡で確認を行うと

充電とテレビ出力(HDMI出力)を制御するICチップにショートが見られました。

回路を修復し、ICチップを交換していきます。

修復と交換が完了すれば、組み立てを行い動作確認をしていきます。

充電とテレビモードどちらもしっかり修復できました。

こちらは作業と検証で3日程で修理完了となりました。

稀にUSBを自分で修理しようとする方がいらっしゃいますが、経験が無いとほぼ不可能です。
今まで豊富な修理経験を積んでも基板修理は特殊な修理となるため、基板修理単体で相当な経験が必要です。
なので、プロにお任せすることをオススメします。

USB交換の様子はゲームドクターの公式Youtubeチャンネルにて動画で公開しています。
どんな修理をしているのか気になる方は是非チャックしてみてください!

Nintendo Switch 充電不良の修理依頼方法

充電ができなくなったSwitchの修理依頼方法は

・メーカーへの修理依頼
・ゲームドクターのようなメーカー以外の修理店への依頼

の2つのパターンがあります。

冒頭でもお伝えしたようにメーカー修理だと「データが消える可能性がある」そして修理に約10日〜14日程、時間がかかってしまう場合があります。[2022年現在]

ただ、保証期間内ですと無償で対応してもらえたりなどの可能性もあるので、保証が残っていればメーカーに依頼をするのもありでしょう。

 

ゲームドクターへの依頼方法は3分もあれば可能です。

お問い合わせページより「お名前・機種・症状」などをメールもしくはLINEで送っていただくと、数時間以内には弊社のスタッフよりお見積りをさせていただき、あとは指定の修理センターにお送りいただくだけです。

往復輸送期間もいれて数日以内には修理が完了し返却させていただきます。

お客様になるべくお手間をかけないように、簡単に依頼できるようになっております。

まとめ

如何でしたでしょうか?

Nitendo Switchの充電トラブルは非常に多く、充電口がグラついた段階で修理に出せば今回のような基板が破損することも少ないです。

「なんか最近充電口がグラつくな…」

と思う段階で修理に出されることをオススメします。

早期の段階で修理するのことが重要です。もちろん、ゲームドクターではプロのリペアスタッフが対応しますので重度破損でも修理を行うことが可能です。
しかし、重度になる前に対応をした方が、修理費用を抑えることができますし、修理後の寿命も長くなります。

ゲームドクターでは今回のような充電口の故障意外にも
「液晶が破損した」、「ゲームが読み込まない」、「高温スリープ」、「エラーコード」、「電源が入らない」
などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。

全国どこからでも郵送修理対応が可能で、万が一修理が出来なかった場合、修理費費用は一切発生しません。

お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>お問い合わせはコチラから
*お見積もりは無料です!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ