Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

コラム

【危険】Switchの修理キットをオススメしない理由

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

今や大人気ゲーム機であるSwitchですが、万が一壊れてしまった場合は皆さんどうしますか?
「メーカー修理に出す」・「メーカー以外の修理屋の出す」・「自分で修理する」
など色々な方法があります。

3つ目の方法である「自分で修理する」に関してですが、最近ではSwitchの修理キットが多く発売されて、誰でも簡単に部品と工具が手に入ります。

今回はゲームドクターのプロのリペアスタッフが教える、「Switchの修理キットをオススメしない理由」に関して詳しく解説していきます。

Nintendo Switchの修理キットはどこで手に入る?

Switchの修理キットですが、街中のお店で売られていることは少ないですが、例えばドンキホーテなどの一部のショップにはジョイコンの修理キットが売っていたり、Amazonなどでは液晶画面やゲームスロット・バッテリー修理キットなど様々な部品や工具が簡単に手に入ります。

このパーツの入手のしやすさが、自己修理の数を増やしてる原因でもあります。

 

修理方法についても、ネットで調べれば簡単に出てくるようになり、最近では動画で詳しく解説を行っている人もいます。

なので、皆さん簡単にすぐに安くできると思って、挑戦される方が多いのですが、しかしゲームドクターの問い合わせには失敗してしまった方からの問い合わせも多いいただいています。

Nintendo Switchの自己修理が危険な理由

Switchは携帯型ゲーム機であれど、内部は超精密機器です。

動画やウェブなどで修理方法が紹介され、一見簡単にやっているように見えますが、分解や修理の際に注意するべき点がいくつもあります。

その細か所まで解説している動画は殆どなく、重要な点はスキップされていることが多いです。

実際の自己修理の失敗例は過去のゲームドクターのブログにまとめています。

【失敗例も紹介】Switchを自分で修理するのは危険です

【修理屋が解説】Switchの修理を自分でするのは危険すぎる

このように様々な失敗例があり、素人では取り返しがつかないレベルにまで破損させていることが殆どです。
なので、安く済ませようと思って自己修理をして、逆にお金がかかってしまう場合もあります。

 

あとはパーツの品質の問題です。
Amazonなどで販売されている部品の品質は最近少し上がってきているものの、やはり通常の卸業者に比べて不良率が高いです。

不良がすぐに出れば返品すればいいのですが、しばらくしてから不良が出ると返品できず、結局また交換しなければならない羽目になることもあります。

Nintendo Switchはどこで修理すれば良いのか?

Switchの修理は基本的に保証期間内・保証期間外、問わずメーカーでの修理が圧倒的に多いです。

ただ、「充電ができない」・「電源が入らない」等の重度トラブルの場合は、メーカー修理だと基板交換になるデータが消えてしまいます。バックアップを取っていないと今までのゲームデータは全て失います。
そういった場合はゲームドクターのような非正規店に依頼をしていただくと、壊れている基板を直接直すので、データは全て維持したままで修理が可能です。

【修理】Switch/SwitchLiteの電源が急に入らない!?対処法を紹介

【直ります】Switchにオレンジスクリーンが出てロゴフリーズ!?

あとは修理期間です。

メーカー修理は10日〜14日という修理期間が平均的ですが、この期間待てないという方は、同じく非正規店に依頼をされます。

非正規店の修理期間はゲームドクターを参考にすると、最短で1日〜、基板修理などの重度破損修理だと3日~5日程度となります。なので、送った次の日に届けば最短でその日返却の次の日到着なので、往復の輸送期間込みで3日で手元に帰ってきます。

ただ、ゲームドクターもそうですが非正規店で修理を行うと、メーカー保証が無くなってしまうのでそこだけ注意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまでの注意点を見た上で「自分でしたい」という方はバックアップを取って、最悪壊れた場合にデータだけでも移せるようにしていただければと思います。

でも、なるべくメーカーの技術スタッフもしくは専門のリペアマンに依頼するのが、最終的に安く済む可能性があります。

 

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

「液晶破損」「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「エラーコード」、「基板修理(電源が入らない)」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。
Swicth/SwitchLiteの両方で対応が可能です!

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ