Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

コラム

【朗報】Switchが壊れてもポケモン・どう森のデータは消えません

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

ゲームドクターへのお問い合わせでよくあるのが、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が壊れてしまいました…修理でゲームのデータは消えませんか?」というお問い合わせです。

結果から言いますと「消えません」

特に”ポケモン”や”どうぶつの森”などセーブデータお預かりサービス非対応のゲームもあり、そのようにバックアップが日頃から取れないゲームに関しての問い合わせが多いです。
ただ、ゲームのデータが消えないもの、”ある条件”が必要になります。

今回は「Switchのセーブデータに関して」「セーブデータを消さずに修理する方法」をプロのリペアスタッフがご紹介していきます。

Nintendo Switchのセーブデータの保存先とバックアップについて

では、最初にSwitchのセーブデータの保存先とバックアップについて解説をしていきます。

Nintendo Switchのセーブデータの保存先

Switchのセーブデータは以前、記事でも紹介したことがありますが、本体にのみ保存がされます。
SDカードに保存されると思っている方も多いのですが、ダウンロードソフトなどのソフトデータはSDカードに保存がされますが、ゲームデータは本体に保存がされます。

Switchのデータを消してしまったと思った時にやるべきこと【実は消えてない!?】

なので、バックアップを全く取っていない状態で本体の電源がつかないなどの症状になってしまった場合、データを取り出すには修理が必要になっていきます。

Nintendo Switchのデータのバックアップについて

Switchのセーブデータは「セーブデータのお預かりサービス」を使用しクラウドに保存する、もしくは「セーブデータのお引越し」を使用し、他のSwitchに移行する必要があります。

【簡単】Switchのセーブデータバックアップと移行・引き継ぎのやり方

セーブデータのお預かりサービスを使用してバックアップを取っていれば、基本的なゲームのバックアップは取れるのですが、一部のソフトではお預かりに対応しておらず、お引越しをしなければ全てのデータを移行することはできません。

Nintendo Switch セーブデータお預かり非対応のソフト

お引越しにはもう一台Switchが必要で、壊れるのを予期してもう一台Switchを持っている人は殆どいないと思います。
なので、お預かりに非対応のソフトデータが入ったSwitchが壊れてしまった場合、これも修理で直してデータを戻す必要があります。

しかし、修理にメーカーに出したことのある人や出そうと思っている方は「修理に出すとセーブデータが消える」と言われた・見た方は多いはずです。

では、実際にどのようにしてセーブデータを消さずに修理を行うことができるのでしょうか?

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

Nintendo Switchのデータを消さずに修理する方法

Nintendo Switchを修理に出す際は以下の2つの方法があります。

・メーカー修理に出す
・メーカー以外の専門の修理屋に出す

まず、メーカー修理に関して軽度の故障(液晶破損やゲームの読み込み不良など)はデータを消さずに可能なこともありますが、重度の破損(充電ができない・電源が入らないなど)は基板交換になるため、バックアップを取っていなければデータは全て消えてしまいます。

なので、メーカー修理の場合は保証期間内であれば保証で修理・価格も比較的リーズナブルに出来ますが、データが消えてしまうリスクがどうしてもあります。

データをどうしても消したくない場合は、ゲームドクターのような専門の修理店に依頼をする必要があります。

ゲームドクターでは重度の破損(基板の損傷など)でも、メイン基板を直接修理するためゲームデータをそのままで修理することが可能です。

【復旧率90%以上】Switch/SwitchLiteの電源が入らない原因と修理方法

【プロが解説】Switchが充電できない原因と修理の依頼方法【3分で分かる】

しかも修理時間も最短1日〜最長でも5日程度となります。(往復輸送期間抜き)

なので、メーカー修理と比べてメリットも沢山あります。しかしメーカー外で分解するとメーカー保証が使えなくなるなどのデメリットもあるので、その点は注意が必要です。
*メーカー保証期間:購入後1年間

まとめ

いかがでしたでしょうか?

電源が入らなくなった等の重度破損になり、データが消えてしまうと諦めてしまう方も多いですが、しっかり対処を行えばデータもそのままで修理が可能です。
そして、日頃からしっかりバックアップを取って、万が一の時に備えておくことも重要です。

ゲームドクターは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

様々な故障内容に対応しており、「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「電源が入らない」、「エラーコード解除」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。
今回紹介したNintendoSwitch(有機ELモデル)だけでなく、旧型のSwitchやSwitchLiteにも対応しております。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ