Switch/SwitchLiteの修理で確実にデータを残す方法

Switch/Switch Lite専門修理のゲームドクターです。

 

Nintendo Switchが壊れてしまい修理に出した時に「ゲームデータが消えます」と言われてしまったことはありませんか?
今まで何十時間・何百時間と遊んできたゲームデータが全て無くなってしまうのは恐ろしいですよね。

特に「電源が入らない」「操作が全くできない」などの重度の故障の際はゲームデータのバックアップを取ることができず、消えると言われたらそれまでと思っている方も多いと思います。

 

本日はメーカー修理でゲームデータが消えると言われてしまった場合でも「確実にゲームデータを残したまま修理する方法」をご紹介していきます。

どんな故障でもゲームデータを残すことが可能ですので、ゲームデータが消えそうで困っている方は是非最後まで読んでみてください。

なぜ、メーカー修理だとNintendo Switchのゲームデータが消えてしまう?

恐らくSwitchが壊れてしまった時に、最も先に依頼するのがメーカー修理だと思われます。
一旦、修理センターに送り見積もりを出してもらい修理を行うような手順なのですが、破損状況によってはデータが全て消えてしまいます。

 

Nintendo Switchを修理する際は、できる限りデータを残したままお返しできるよう努めております。ただ、故障内容によっては本体に保存されているセーブデータを残せない場合や、SDカードに保存しておいたデータが使用できなくなる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

引用元:メーカー公式Twitter

 

と公式より公表がされています。

 

可能な限りセーブデータを残すように努力はしていただいているようですが、やはり故障内容によってはセーブデータが消えてしまうリスクがあります。

この故障内容ですが以下の場合にゲームデータが消えることが多いです。

Nintendo Switchのメイン基板が破損・損傷した場合

基本的にセーブデータが消える場合はメイン基板の破損や損傷が多いです。
または、本体フレームの損傷や内部の水没・損傷具合など総合的に判断がされている場合もあります。

メーカー修理の場合はメイン基板が破損していた場合、”基板交換”を行うのでセーブデータが入った基板を交換されてしまうと、必然的にセーブデータは飛んでしまいます。

これがセーブデータが消える主な要因です。
メーカーも修理台数がかなり多いと思われるので、基板の損傷を1つ1つチェックするより交換してしまった方が、確実で早いというのが交換を行う理由ではないかと考えています。

では、つづいてゲームドクターで修理を行うとなぜセーブデータを残すことができるのかを解説していきます。

ゲームドクターでNintendo Switchの修理を行うとセーブデータが残る理由

ゲームドクターでは上記でお伝えしたようなメイン基板が損傷した修理が来た場合、交換でなくメイン基板の修理を行います。

「メイン基板って修理できるんですか?」

と疑問に思われた方は以下の記事を是非みてください。

【修理】Switch/SwitchLiteの電源が急に入らない!?対処法を紹介

このようにメイン基板の破損箇所を特定し、修理を行っていきます。
この基板の修理を行うと破損した基板の故障箇所をピンポイントで修理するため、直ればセーブデータをそのままで修理することが可能です。

基板が変わっていないので、セーブデータが残るということです。

もちろん基板修理以外の修理でも、セーブデータを残すことが可能です。

ゲームドクターで修理を行うデメリットはある?

強いていうなら、メーカー保証が残っている場合はゲームドクターは非正規店に含まれるので、分解を行うことでメーカー保証を受けれなくなってしまう可能性が高くなります。

あとは、純正パーツでの修理はメーカー以外できないので、どうしても純正へのこだわりのある方はメーカー修理一択となります。

ゲームドクターで取り扱う部品は互換性のパーツとなりますが、パーツの精査を何度も行い高品質で供給の安定したパーツを仕入れるようにしています。

お客様のSwitchの取り付けて組み上げる前にしっかり動作確認も行い、組み上げた後も動作確認を行うなどのダブルチェックをして、確実に仕上げるようにしております。

しかし、どうしても「保証で修理したい」・「純正パーツが良い」という方はメーカー修理を推奨いたします。

Nintendo Switchを修理した後にバックアップを取る方法

ゲームドクターでもメーカーでも修理した後は、しっかりゲームデータのバックアップを取られることを推奨しています。

ゲームデータの取り方は任天堂の公式WEBに詳しく載っているので、そちらをご覧ください。

セーブデータお預かりサービスについて

 

ゲームによってはクラウドにセーブデータを上げられない場合もあるので、その場合はセーブデータのお引っ越しサービスを利用しましょう。
*Switchがもう一台いるので注意が必要です。

セーブデータのお引っ越しサービスについて

このようにゲームデータのバックアップを取って、大切な思い出を残すようにしましょう!

まとめ

いかかでしたでしょうか?

メーカー修理・非正規店での修理の双方にメリット・デメリットがあります。
保証期間内で無償で直すにはメーカー修理一択ですし、メーカー修理でデータが消えると言われてどうしてもデータを残したい場合は、ゲームドクターのようなメーカー外の修理店に依頼をするしかありません。

どちらで修理するかは今の状況などを含めてご検討ください!

 

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しているので、修理完了までの期間も早くなるべく早くお客様の手元にSwitchをご返却させていただきます。

 

ゲームドクターでは様々な修理に対応しています。
「ゲームが読み込まない」、「高温スリープ」、「液晶破損」、「ジョイコンが読み込まない」、「エラーコード」、「電源が入らない」「水没」
などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switchだけでなく、Switch Liteでも修理対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

ゲームドクターをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です