Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

コラム

読めば分かる!Switchの保証期間と保証が無い場合の修理について

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

今回、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が万が一、故障してしまった場合の保証期間と保証が切れてしまった場合の修理対応はどうなるのか?」、そんなことを疑問に思っている方の為に、その疑問についてお答えしていこうと思います。

「保証期間内の修理は無料なのか?」

「保証期間が切れてしまった場合の修理対応はどうなるのか?」

「保証書を無くしてしまった場合はどうなるのか?」

Switchを修理出す前に色々な疑問を持たれる方も多いです。

できれば、安く対応してもらいたいですよね。

本記事では「Switchの保証期間とその修理対応」・「もし保証切れになってしまった場合の修理対応」について解説をしていきます。

Nintendo Switchの保証期間について

まず、Switchの保証期間は購入から1年となっております。

1年間の間、通常使用にて破損した場合は基本的に無償で修理対応を行ってくれます。

Switchの保証書はどれ?

Switchの保証書は基本的に「外箱」になります。
外箱の側面に購入日などが記載されております。

任天堂に修理に出す時がこの外箱ごと出せば、保証での修理を受けることが可能です。

「外箱捨ててしまったんですけど…」

といった場合もあると思います。

 

原則、外箱が保証書にはなるのですが、例えば家電量販店などで買った場合、そこで発行されるレシートや納品書に「購入日」「商品名」の記載があれば、保証で修理を受けれる可能性が高くなります。

もし、外箱も購入時のレシートも無くしてしまった場合でも、無償での修理対応は受けれませんが、有償での修理対応は受けることが可能です。

付属品の故障も保証を受けれる?

Switch本体だけで無く、ジョイコンやプロコン・テレビドックなども保証の対象となります。

もし、同梱されている付属品が壊れてしまった場合でも保証期間内であれば、無償で修理・交換できる可能性があるということを覚えておいてください。

Switchの保証期間内の修理は全て無償?

正常な使用方法の元での故障については基本、無償で修理対応を受けることが可能です。

しかし、自損(落下や水没・誤った使用方法による故障)の場合は、無償で修理を受けれなくなる可能性が高いです。

あくまで自然的な故障に対する保証となっています。

保証期間内に故障があった場合、どこに送ればいいのか?

修理の送り先については任天堂に直接郵送するような形となります。

ホームページよりお問い合わせいただき、修理を受け付けする流れとなります。

Nintendo Switch 修理受付について

保証期間外にNintendo Switchの修理を行う場合について

もし、保証期間外に壊れてしまったり、保証書を無くてしまった場合の修理対応はどうなるのでしょうか?

任天堂の公式修理サービスを受ける場合

先程も記載しましたが、保証期間外であっても任天堂の公式修理サービスを受けることは可能です。

あくまで保証期間であれば無償で受けれる可能性あるだけで、期間外であれば修理を受け付けできなくなるわけではありません。

修理価格などは下記の公式ページをご参考ください。

Switch 修理価格

任天堂以外の修理サービスを利用して修理をする場合

Switchの修理を行なっている所は任天堂だけではありません。

ゲームドクターのような公式以外の専門の修理店は全国に数多くあります。
保証期間外の修理に関しては、このような修理店で修理を行うのも1つの手です。

公式以外の修理サービスを受けるメリット

公式の修理は以下の2つのデメリットが発生する場合があります。

・修理期間が10日〜最大で1ヶ月
・故障内容によってはゲームデータが消えてしまう

修理期間が長いのと故障内容によっては”基板交換”と本体交換と同じようなことになってしまうため、バックアップをとっていない場合、セーブデータを失ってしまう可能性があります。

ゲームドクターのような専門の修理店では

・修理期間が最短で1日〜最長でも5日程
・復旧すればセーブデータも全てそのままでご返却が可能

この2つが大きなメリットになります。

ゲームドクターを例にすると、プロのリペアスタッフが2人体制で常に常駐しているため、修理完了までのスピードが早く、重度の破損(画面が映らない、充電ができない、水没、電源が入らない)でも、基板修理を行い内部のデータを維持したまま修理が可能です。
*”基板修理”は高度な技術となるため、専門の修理店でもちゃんと行える修理店は比較的少ないです

公式以外の修理サービスを受けるデメリット

もし、保証期間内であれば分解や修理を行うとメーカーの保証が受けれなくなるため、無償での修理・交換対象である場合、その対象から外れてしまう場合があります。

なので、1年保証の期間内の場合は慎重に修理する場所を選んでください。

【メーカーと何が違う?】Switchを修理に出す時の修理店の選び方

【失敗例も紹介】Switch/SwitchLiteを自分で修理するのは危険です

まとめ

いかかでしたでしょうか?

Switchの保証について意外と知らない方も多いので、今回記事にまとめてみました。
この記事を参考に保証で直せるものは直して、直せない症状に関しては最後の方で紹介したように、メーカーもしくはメーカー外の専門の修理店にお任せをするようにしましょう。

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

様々な故障内容に対応しており、「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「電源が入らない」、「エラーコード解除」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switch/SwitchLite/有機ELモデルのSwitchもご対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

 

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ