Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

コラム

Nintendo Switchの郵送方法と修理期間について

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

本日は「NintendoSwicthの郵送方法」「修理にかかる期間」についてまとめていきます。

修理に出すときに「どんな感じで送ればいいの?」・「修理にはどれぐらい時間がかかり、どれぐらいで戻って来ますか?」という問い合わせを、ゲームドクターへよくいただくので、記事にまとめていきたいと思います。

この記事を読めば、スムーズに送って安心・安全に修理に出すことができます。

Nintendo Switchを郵送するまでの手順・方法

まず、Switchが壊れてしまった場合、「どのような故障か?」をゲームドクターに問い合わせをいただく必要がございます。

お問い合わせ

お問い合わせのページより、お名前やアドレス(LINEでも問い合わせ可能)、などの必要情報を記入し、故障内容を選択してください。

備考欄があるので、「どこで・どのように(何をしている時か?)・いつ壊れたか」など、詳しい状況をご記載いただくことで、より正確なお見積もりとスムーズな点検が可能です。

入力が完了すれば、送信ボタンを押して送信してください。

後に技術スタッフより、お見積もりのお値段を数時間以内(基本、夜間で無い限り1時間以内ぐらいには返信するように心がけてます。)に返信が返ってきますので、ご予算的に問題無ければ、続いてSwitchを郵送していただきます。

Nintendo Switchをゲームドクターに郵送する手順

基本的に何か物を送る時と同じ手順にはなるのですが、壊れているとはいえ精密機器ではあるので、梱包が必要になってきます。

・ダンボール
・緩衝材(新聞紙などでも可)

この2つがあれば、郵送が可能です。

まずはダンボールを用意します。
新品のダンボールがない場合、再利用の物で大丈夫です。

3辺のサイズが60cm以下だと、基本的に最安でお送りすることが可能です。

プチプチをダンボールの中に敷き詰めます。
プチプチなどの緩衝材が無い場合は新聞紙などでも大丈夫です。

緩衝材も何も無い状態で送ると運送中にダンボールの中でSwitchが動き、最悪不具合が酷くなる可能性もあります。

Switchは電源が入っていれば、電源を切って梱包します。
起動ができない・電源が切れない故障の場合はそのままで大丈夫です。

修理内容にもよりますが、基本的にゲームカードやSDカードは抜いて発送いただきます。
*ゲームの読み込み不良やSDの読み込み不良の場合は入れていただいても大丈夫です。

続いてSwitch本体をプチプチで包みます。
プチプチがない場合は新聞紙や緩衝材の代わりになるもので包んでいただく、もしくはダンボールいっぱいに緩衝材を詰めて、Switchが中で動かないようにしてください。

ジョイコンの修理も希望の場合はジョイコンも一緒に梱包してください。

あとはしっかり封をして発送を行います。

Switchを送るための運送会社

運送会社に指定はありませんが、お客様の輸送方法で多いのは

・ヤマト運輸
・日本郵便

となります。

もちろん、佐川急便や他の運送会社でも大丈夫です。
日本郵便はレターパックプラスであればSwitchを送れますし、ヤマト運輸であれば専用のダンボールでお送りすることも可能なので、営業所の数も多く、お送りしやすいのはこの2社になるでしょう。

あとは自宅に集荷手配をするもしくは営業所に持ち込むようにすれば、発送が完了になります。

発送の際に渡される伝票には基本的に追跡番号(送状ナンバー)が記載されているので、無くさずに保管ください。

到着後、改めてゲームドクターからご連絡させていただきますので、到着までそのままお待ちいただければと思います。

Nintendo Switchが届いてから直るまでの修理期間

ゲームドクターに修理品が届けば、到着のご連絡をいただいていたメールアドレスまたはLINEにまでさせていただきます。
*届かなかったことは今まで無いですが、万が一のことを考えて追跡番号がある方法でお送りいただくことを推奨します。

ご連絡後、修理に着手させていただきます。

ちなみにですが、どのような修理しているかはゲームドクターの他のブログで詳しく紹介しております。
動画で見たい方はガジェット系Youtuberのスマライフさんが、ゲームドクターの施設で修理にきていただいたことが何度かあるので、そちらの動画などを見ていただければ、より詳しくSwitch修理の風景を見ることが可能です。

このような形で修理を進めていきます。
ゲームドクターには今まで数百台以上のNintendo Switchを直してきたプロのリペアスタッフが、2人体制で修理を行います。

期間については通常のパーツ交換であれば1日〜2日、電源が入らないなどの高度な基板修理などが必要な場合は2日〜5日程度となります。(往復の輸送期間抜き)
ゲームのデータも基本的にそのままで修理が可能ですので、ご安心ください。

なるべく早くお手元に戻せるように尽力させていただきますが、修理後の動作確認や検証なども行うため、正確さとスピードをバランス良くさせていただいております。

Switchの修理が完了した後の発送とお支払い方法について

修理が完了して、ゲームドクターからの発送が完了すれば、Switchの状態や修理内容を詳しく記載したメールを伝票番号と修理代金と共にお送りさせていただきます。

輸送機関については地域や環境状況(天候など)にも左右されますが、1日〜2日で到着することが殆どです。
運送会社は日本郵便の代引きにてお送りさせていただきますので、到着前に修理代金を現金でご用意いただければと思います。
*クレジットカードや電子決済はご利用不可のため、ご注意ください。

到着すれば、まず開封を行い本体と修理証明(領収書)を同梱しているため、ご確認ください。

修理品到着後にやるべきこと

届いたらダンボールを開封し本体と修理の証明書(領収書)を確認してください。

その後、ゲームドクターでもお送りする際にしっかり動作の確認をしていますが到着後、今一度お客様の方でも動作の確認をお願いしております。

問題なれば、これで修理完了となります。
*万が一、到着時に不具合がございましたら、お手数ですがご連絡ください。

ゲームドクターでも詳しく動作の確認を行なっておりますが、実際にゲームで遊ぶことはできないため、ゲームで遊んでご確認をお願いいたします。

元々、電源が入らないなどの重度の破損の場合はゲームで遊ぶ前に、必ずバックアップを取ってください。
重度破損の場合は基本的に継続利用目的の修理では無いため、可能であれば新しいSwitchへの買い替えを推奨しております。

重度の破損で無くても、バックアップは推奨しております。

バックアップの方法は記事にかなり詳しくまとめております。

【簡単】Switchのセーブデータバックアップと移行・引き継ぎのやり方

Switchを修理した後の保証期間について

ゲームドクターで修理した後の保証期間は基本的に1ヶ月となります。
*非正規店で修理を行うと任天堂での保証サービスを受けれなくなりますので、ご注意ください。

基板修理を行ったり、修理後の本体の状態によっては保証をお付けできませんので、予めご了承ください。

保証が付いている場合は、1ヶ月以内に万が一同じ不具合があった場合、ご連絡をいただければ再度無償で点検が可能です。
*その場合、修理した箇所別の場所の破損が見られたり、修理前には無かった明らかな破損があった場合は、無償でお受け出来ませんので、ご了承ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そこまで複雑なことはありませんので、基本的にお問い合わせいただき、お送りいただくだけで大丈夫です。
万が一、ご不明点などがございましたら、お問い合わせいただければ、スタッフがサポートさせていただきます。

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

「ゲームが読み込まない」、「液晶が壊れた」、「電源が入らない」「充電ができない」、「高温スリープ」、「水没」、「エラーコード解除」 などSwitch/SwitchLiteのほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ