Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

Nintendo Switch 基板修理

SwitchがWi-fiに繋がらない!?対処法と修理方法を紹介

Switch/SwitchLite修理専門のゲームドクターです。

本日はNintendoSwitchが「Wi-fiに全く繋がらなくなってしまった」と問い合わせをいただきました。
そこまで多くある症状では無いですが、突然Wi-fiに繋がらなくなる症状はあります。

Wi-fiに繋がらないとなると、オンラインゲームで遊ぶこともできませんし、ゲームデータのバックアップを取ることも出来ません。

今回は「SwitchがWi-fiに繋がらなくなってしまった時の対処法と実際の修理方法」をご紹介していきます。

データも消さずに修理は可能です。

SwitchがWi-fiに繋がらなくなる原因は?

SwitchがWi-fiに繋がらなくなる原因は以下の2つです。

・ソフトウェアの不具合
・本体メイン基板の破損

となります。

お問い合わせいただいた内容として多いのは「突然繋がらなくなった」というが多いです。
なので結構、予告無しに繋がらなくなるパターンがあります。

ソフトウェアの不具合であった場合は以下の方法で直ることがあります。

Nintendo Switchをメンテナンスモードでデータを残したまま初期化する

Switchにはメンテナンスモードと呼ばれるソフトウェアを自動修復できる機能があります。

このメンテナンスモードはご自身でもすることが可能です。

入り方は

電源を切った状態で電源ボタンを音量+−を同時に長押ししながら、ロゴが表示されたら電源ボタンのみ離します。

長押しすると以下の画面が表示されます。

このメンテナンスモードから本体の更新初期化が行えます。
(先に本体更新を行っても良いかもしれません。)

データを残したまま初期化するには「セーブデータを残して初期化」を選択します。
*「本体の初期化」は選ばないように注意してください。

初期化が終われば、設定からWi-fiに繋がるかを確認してみてください。

そこで繋がっていればソフトウェアの不具合だったということになるので、無事解決です。

これでも解決がしなければ、本体メイン基板の問題なので自己解決は難しくなります。

では、続いてゲームドクターで行っている「本体メイン基板が原因のWi-fi接続不良」の修理を見ていきます。

Wi-fiに繋がらないNintendo Switchの基板を修理

では、ここからは基板が破損し、Wi-fiに繋がらないSwitchの修理例を2つ程見ていきましょう。

修理例1:ある日突然Wi-fiに繋がらなくなったNintendo Switch

最初に運び込まれてきたSwitchは「久しぶりにゲームをしようとしたらWi-fiに繋がらなくなっていた」と問い合わせを受けたSwitchになります。

運び込まれて来た時はこんな感じです。

このようにWi-fiを検索した時に全く表示されないような状況です。

起動はして他の動作は問題ないのですが、Wi-fiのみ繋がらない状態です。

ここから分解をしてWi-fiを制御している部品を交換していきます。

この長方形の黒いチップがWi-fiなどの電波を制御している部品です。

これを交換していきます。

取り外し作業が完了すれば、新品の部品にリボールと呼ばれる半田を取り付ける作業をしていきます。

完了すれば、この部品を基板に取り付けていきます。

ちなみにこの作業はかなり高度な技術を必要とするので、決してご自身でやらないようにして下さい。

取り付けが完了すれば、動作確認をしていきます。

無事、Wi-fiを拾うようになり繋がるようにもなりました。

これでオンラインゲームでも遊べますし、ゲームのデータもバックアップを取ることが可能です。

もちろんデータもそのままで修理が完了していきます。

修理例2:ロゴから中々進まず、起動したらWi-fiが掴まなくなっていたNintendo Switch

続いては「ロゴでフリーズを起こすようになり、起動した時には起動しなくなっていた」と問い合わせを受けた分になります。

実は上で紹介した制御チップが壊れると、ロゴでフリーズを起こしやすくなり、電源が入りにくくなることがあります。

こちらも同じく、Wi-fiが全く拾わない状態です。

分解をし修理を行なっていきます。

フラックスをつけて、新しいチップを取り付けていきます。

取り付けが完了すれば、Wi-fiに接続可能になったかを確認してきます。

しっかりWi-fiに繋がるようになっていました。

こちらもデータを消さずに修理を行なっていますし、作業時間は修理と修理後の検証作業を含めて3日程となりました。

このWi-fiの制御チップに不具合が生じるとオレンジスクリーンと呼ばれる症状にもなることがあります。
なので、Wi-fiに繋いでいる時にエラーコードが出たり起動画面のロゴでフリーズしかかったりすると、オレンジスクリーンになる一歩手前の可能性があるので、早めに修理に出すようにした方が良いです。

ゲームドクターではオレンジスクリーンになってしまった場合の修理も可能ですので、もしなってしまった場合はお気軽にご相談ください。

【直ります】Switchにオレンジスクリーンが出てロゴフリーズ!?

まとめ

いかかでしたでしょうか?

Wi-fiに繋がらな無いとゲーム機として半分ぐらい機能しか果たせませんので、修理するに越したことはありません。

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

ゲームドクターではWi-fi接続不良の修理以外にも 「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「基板修理(電源が入らない)」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switchだけでなく、Switch Liteでも修理対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ