【修理】Switchの画面がつかない原因は!?それ基板が壊れてます

Switch/SwitchLite修理専門のゲームドクターです。  

 

今回は「急に任天堂スイッチの画面がつかなくなり、充電もできない」とお問い合わせをいただきました。
他の記事で何回もご紹介していますが、任天堂スイッチの基板破損は非常に多く、電源がつかない原因の殆どが基板破損です。

メーカー修理では”基板交換”となりため、データが消えてしまうのでバックアップを取っていなければデータが全て無くなります。そんな時にゲームドクターにご依頼をいただければ、高度修理プランの”基板修理”を行いゲームデータを維持したまま最短2日〜で修理が可能です。

 

  今回は「画面がつかなくなる原因(基板破損以外の原因もご紹介)「 実際にデータを維持したまま修理する方法」をご紹介していきます。

Nintendo Switchの画面がつかなくなる原因

  Nintendo Switchの画面がつかなくなる原因として以下のことが考えられます。

・本体メイン基板の破損
・本体の充電口が破損し、充電ができていない
・液晶が破損してしまった
 

最も多いのが、本体メイン基板の破損となります。

その次に多いのが、充電口の破損による充電不良そして液晶破損です。

 

過去の記事でもいくつか修理事例をご紹介させていただいてます。

 

本体メイン基板の破損は基本的に落下などの衝撃もしくは、充電口が破損しそれが原因で充電をした時にショートしてしまうことで起こります。

本体メイン基板の破損はかなり高度な修理技術を要するので、通常の修理店では行ってくれないことが殆どですが、ゲームドクターでは基板修理経験が豊富なスタッフが常駐していますので、ご対応が可能となっています。

 

では、実際の修理例を見ていきましょう。

 

電源が入らず画面がつかないNintendo Switchを修理

 では、今回運び込まれてきた任天堂スイッチを早速見ていきましょう。

電流値が少し通常より低く、充電マークが全く出ない状態です。

ここから分解をしていき、ICチップをまず点検していきます。そうすると1つ怪しいチップがあったので、とりあえずそれを外して交換していきます。

この外したチップは「P13USB」と呼ばれる、ディスプレイ信号とUSB3.0を切り替え、USB-Cに電気を出力するためのチップとなります。

このチップを取ると、周りの回路のショートが無くなったのでこれが原因と判定できました。

なので、新しいチップに交換をしていきます。

交換が完了したので、一度充電と起動確認を行っていきます。

無事、充電と起動ができるようになりました。

もちろんデータもそのままです。

P13USBはテレビモードにも関係する箇所なので、テレビモードもしっかり確認をしていきます。

テレビモードもしっかり出来たので、これにて修理完了です。

基板修理でしたが、今回は故障箇所を早めに特定できたので、修理と修理後の経過観察も含めて2日でご返却となりました。

 

Nintendo Switchの基板破損は予防できるの?

 Nintendo Switchの基板破損は正直な所、中々予防することが難しいです。

本体の劣化や熱による湾曲、落下などによる衝撃にスイッチは弱い傾向にあります。

もし、予防するなら

・長時間のゲームプレイは避ける
・充電しながらの使用は避ける
・ケースにしっかり入れて耐衝撃対策をする

です。

 

この3つをしっかり行っておけば、壊れるリスクを限りなく下げることができます。

新品の時からしっかり対策を行っておくことが大事なので、買った時は是非意識してみてください!

まとめ

いかかでしたでしょうか?

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。 今回のような重度破損でも対応が可能です。  

ゲームドクターでは基板修理以外にも 「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「エラーコード」、「ブルースクリーン」などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switchだけでなく、Switch Liteでも修理対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能です。  (基板修理の場合は通常3日程〜となります。)

 

ゲームドクターは全国どこからでも郵送修理対応が可能で、万が一修理が出来なかった場合、修理費費用は一切発生しません。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です