Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

ジョイコンのスティックの修理

【スティック補正とは?】Switchのスティックは自分で直せるのか

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で遊んでいるとキャラが勝手に動く」とよく問い合わせがあります。
この多くの原因がジョイコンのスティックの不具合、いわゆる”ドリフト”と呼ばれる症状です。

このスティックの不良は非常に多く、ジョイコンだけでなくSwitchLiteでも発生します。
構造上、摩耗でほぼ確実に故障してしまう部品にはなるのです。

しかし、早期の段階ですと自分である程度直せてしまう可能性がありますs。

今回は「Nintendo Switchのジョイコンのスティックが壊れてしまう理由」「ジョイコンのスティックを自分で直す方法」についてご紹介していきます。

Nintendo Switchのジョイコンスティックが壊れる理由

SwitchのジョイコンやSwitchLiteのスティックは経年劣化を起こしやすく、購入してから頻繁にゲームで遊ぶことによって摩耗し、故障してしまいます。

故障内容としては

・キャラが勝手に動く
・ゲーム内で意図していない方向に進む
・全く操作できない

など様々です。

操作ができない・不安定などになるとゲームでまともに遊ぶことができず、不便することも多いはずです。

スティックが故障する原因として内部のプラスチック部品のカスがセンサーに被さることで不具合が起きます。
なので、使用を継続しているとどこかのタイミングで必ず不良が起こってしまいます。

Nintendo Switchのジョイコンのスティックを自分で直す方法

ジョイコンが壊れてしまうと買い替えか修理になるのですが、もしSwitchLiteとかだと本体と一体化になるので、買い替えの選択肢は選びづらいです。

この2つを選ぶ前にまず試してほしいことがあります。

スティックを補正する

Switchにはスティックの補正機能がついています。
意外と知らない方が多いので、やり方を解説します。

設定→コントローラーとセンサー→スティックの補正

を選択します。

この画面の指示に従います。
*Switchのシステムのバージョンによって、ここに表示される画面は違います。

スティックが不具合を起こしていると、この画面で真ん中にポインターが合わない・ポインターが真ん中に戻らない場合が多いです。

そのような症状が出た場合は、右下の「補正する」をXボタンで選択しましょう。

するとこのような画面が表示されるので、指示に従い補正を行なっていきましょう。

軽度のスティックの不具合であれば、この補正で改善することが多いです。
無償で試すことが出来るので、是非お試しください。

ジョイコンのスティック補正で改善しない場合

紹介した補正方法で改善がしない場合は、スティックが完全に壊れている可能性が非常に高いので、買い替えか修理の選択になります。

ジョイコンであれば数千円で購入できるので、買い変える方も多いですがSwitchLiteの本体に一体化となている場合は、やはり修理を選択される方が多いです。

任天堂の公式リペアサービスを利用しての修理も可能ですし、ゲームドクターのような専門の修理店でも行うことが可能です。

まれにSwitchLiteのスティック交換を自分でやられる方もおられるのですが、自分で修理を行うのは非常に危険です。ジョイコンであれば最悪失敗しても数千円の損で済みますが、SwitchLiteの場合は2万円弱の損となり、非常に痛い目にあう可能性もあります。

【失敗例も紹介】Switch/SwitchLiteを自分で修理するのは危険です

ゲームドクターであれば

・ジョイコンのスティック:2,200円(税込)
・SwitchLiteのスティック:5,500円(税込)

で修理対応も可能です。(2022年6月現在)

修理を行う際はメーカーもしくは専門の修理店に必ずご依頼するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Switchのスティックはいずれ壊れてしまう消耗品と考えていただければと思います。
しかし、軽度の故障であれば今回紹介した補正で簡単に一時的に直すことも可能です。
是非、ご参考ください。

ゲームドクターは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

スティック修理だけでなく、様々な故障内容に対応しており、「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「電源が入らない」、「エラーコード解除」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。
SwitchやSwitchLite・最新のSwitch(有機ELモデル)にも対応しております。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ