Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

Nintendo Switch Lite エラーコードの修理

【解除可能】SwitchLiteにエラーコードが表示されて充電ができない

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

最近、多くなってきている症状の1つに「Nintendo SwitchLite(ニンテンドースイッチライト)を起動させるとエラーコードが表示され、起動ができず充電もできない」、このようなものがあります。

このエラーコードが表示されて起動できない原因として、主にメイン基板の破損となります。
メイン基板が壊れるとこのようにエラーが表示されたり、充電ができなくなるのですがメーカー修理の場合、本体交換もしくは”基板交換”となってしまうのですが、この場合ゲームデータのバックアップを取っていないと、データが全て消えてしまいます。

しかし、ゲームドクターにお任せいただくと、セーブデータをそのままで修理が可能ですので、万が一バックアップを取っていない場合でもデータを保存できます。

今回は「SwitchLiteにエラーコードが表示される理由」「ゲームドクターで行うセーブデータを残したままエラーコードを解除する方法」についてご紹介をしていきます。

Switch/SwitchLiteにエラーコードが表示される理由

SwitchやSwitchLiteにエラーコードが表示される理由として、以下のことが考えられます。

・メイン基板の破損
・システムエラー

この2つが主な原因となります。

 

まず、システム的なエラーの場合は本体側のソフトウェア(いわゆるOS呼ばれるもの)が、不具合を起こすことでエラーコードが表示されます。

この場合は一度ご自身でもできる、「セーブデータを残したまま初期化」を一度試してみてください。

セーブデータを残したまま初期化する方法

この方法を試すことでシステムをリセットできるので、システムエラーの場合は改善することがあります。
ゲームデータを維持したまま初期化する方法ですので、ゲームのデータは消さずに初期化が可能です。

 

上記の初期化でも改善しない場合は、「メイン基板の破損」となります。

Switch/SwitchLiteには非常に多くのICチップがついており、その1つが破損するとSwitchが正常に起動できなくなることが多いです。

そうなると、エラーコードが表示されたり全く起動ができなくなることがあります。

【対処法】Switch/SwitchLiteの電源が急に入らない原因を徹底解説

もし、この基板を修理するとなるとメーカー修理だと基本的に”基板交換”となり、内部データが全て消えてしまう恐れがあります。

今まで遊んだゲームのデータが消えてしまうのが、どうしても嫌な方はゲームドクターのような”基板修理”が可能な修理店に依頼していただけるような形となります。

基板修理を行うと、壊れた基板を直接修理するのでデータが維持可能となります。

 

では、続いて実際にゲームドクターで行う「エラーコードの解除方法・修理する過程」をご紹介していきます。

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

エラーコードが表示されて電源が入らないSwitchLiteを修理

本日、問い合わせを受けたのが「充電をしているとエラーコードが表示されて電源が入らなくなったSwitchLite」となります。

修理前の状態はこんな感じです。

エラー番号は「2101-0001」となります。
このエラーコードはゲームドクターに寄せられる修理としてかなり多いでエラーとなります。

充電口の破損によって電源ICが破損することでによって、よく起こります。

早速分解を行い、修理を行っていきます。

赤丸で囲んだICチップがショートしていたので、まずはこちらを交換していきます。
交換後、数値を図ると正常値になっていたので、続いて充電口を確認していきます。

充電口はこのようにピンが中で複雑に折れてしまい、これが原因でICチップをショートさせているような状況でした。

なので、充電口を交換していきます。

交換し終わった後はこのように綺麗にピンが並び、充電もスムーズに可能になります。

ここまでの作業が完了すれば、組み立てて起動するかどうかを確認していきます。

しっかり、起動と充電ができるようになりました。

ここまでの作業時間と作業の動作検証期間を含めて3日ほど、ゲームデータもそのままで修理をしております。

【自分で修理は危険】Switchの充電口がグラグラして充電できない場合の対処法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エラーコードが出てしまい、再起動などでも改善せず、メーカー修理に出すとデータが消えてしまうと言われると焦りますよね。
しかし、しっかり修理を行えばゲームデータもそのままで修理が可能ですので、ご安心ください!

 

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

ゲームドクターではエラーコードの修理以外にも、「ゲームが読み込まない」、「液晶が壊れた」、「充電ができない」、「高温スリープ」、「水没」、「電源が入らない」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

 

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ