Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

Nintendo Switch ゲームが読み込み不良の修理

【修理】スイッチライトにゲームが読み込まなくなる原因と対処法

Switch/SwitchLite修理専門のゲームドクターです。

 

本日は「NintendoSwitchLiteにゲームが読み込まなくなった」と問い合わせをいただきました。
この症状はSwitch/SwitchLiteに多く、ゲームソフトが一切読み込まなくなったり、読み込みづらくなったりします。

ダウンロード版のゲームが普及している時代ではありますが、やはりソフトで遊んでいる方、特にお子様などはダウンロードにクレカなどの情報を登録しないといけないため、必然的にソフトで遊ぶしかなくなってしまう方も多いです。

ゲームの読み込み不良が発生すると修理をすることになるのですが、メーカーに修理を出すと修理に日数がかかったり、本体の状態によってはデータが消えてしまう場合もあります。

ゲームドクターではSwitchLiteのゲーム読み込み不良の修理を最短1日〜で、データも消さずに修理が可能です。

 

今回は「SwitchLiteにゲームが読み込まなくなる理由」と「実際にゲームドクターで修理する様子」をご紹介していきます。

スイッチライトにゲームが読み込まなくなる理由

SwitchLiteにゲームが読み込まなくなる理由は1つです。

「ゲームスロットの破損」です。

 

スロットの破損は基本的に中のピンが折れてしまったり、曲がってしまうことで起こってしまいます。
スロットのピンは「ゲームソフトを斜めに挿してしまう」、「入りづらい時に無理にソフトを挿してしまう」、「逆に入れてしまう」などのトラブルによって破損してしまいます。

一度ピンが折れたり曲がったりすると自力で元に戻すことが難しく、交換するしか方法がありません。

大体の場合は最初に読み込んだり読み込まなかったりする症状から始まるのですが、その時は何回かに1回は読み込み、読み込めばゲームで遊ぶことが可能です。

しかし、症状が進行(曲がりかかっているピンが完全に折れてしまったり、大きく曲がったり)すると完全に読み込まなくなってしまいます。

稀にゲームソフトの金属部が汚れて読み込まない場合もあるので、そういった場合は柔らかい布で汚れを拭き取ってあげることで改善することもあります。

しかし、複数のソフトで同様の症状が出た場合は本体側の問題となります。

では、続いてゲームドクターで実際に行う「ゲームスロットの交換修理」を見ていきます。

スイッチライトのゲームスロットを交換・修理

では2つ程、スイッチライトのゲーム読み込み不良の修理例をご紹介していきます。

修理例1:ゲームが全く読み込まないスイッチライト

今回運びこまれてきたのは「ゲームが全く読み込まない」、SwitchLiteとなります。

このようにゲームを差し込むとエラーが発生し、全く読み込めない状態です。

恐らくこの記事を見ていただいている方は、まさに今この表示が出てしまっていると思います。

ここから分解を行なっていくのですが、SwitchLiteはノーマルのSwitchより分解難易度が高く、修理経験が無い方が分解すると破損リスクがあるので、真似は推奨いたしません。

【失敗例も紹介】Switchを自分で修理するのは危険です

こちらが破損したゲームスロットになります。
内部でピンが1本折れている状態でしたので、その1本の破損でゲームが読み込まなくなっていました。

破損したゲームスロットを取り外し、新しいスロットを取り付けていきます。

互換性の部品のため少し色合いが違いますが、性能や耐久力は同等の部品を使用しております。

取り付けが完了すれば、読み込みテストを行なっていきます。

しっかり読み込むようになりました。

こちらのSwitchLiteは修理期間は1日ゲームデータも消さずに修理完了です。

修理例②:ゲームが読んだり読まなかったりするスイッチライト

続いて運び込まれてきたのは「ゲームが読み込んだり読み込まなかったりするスイッチライト」です。
しかも、最近発売されたばかりの新色です…

修理前はこんな感じです。

先程と同じくゲームが読み込まないのですが、たまに読み込むような状況でかなり不安定です。

中を確認すると

ピンが曲がってしまっています。
恐らくですが、ゲームを差す時に斜めに差してしまったりして、曲がってしまったのでしょう。

ここから分解をしていきます。

ゲームスロットを外し、スロット部分を交換していきます。

この後に組み上げを行うと

無事、読み込むようになりました。

こちらのスイッチライトも作業期間は1日データも消さずに修理完了です。

Switchにゲームが読み込まずエラーが出る!?対処法と修理方法を紹介

スイッチライトのゲームスロットを壊れにくくする方法

Switchのゲームスロットの中には複数本のピンが並んでいます。
その1本でも折れたりすると今回みたいな読み込み不良となってしまいます。

なので、ゲームソフトを挿す前に

・ソフトの向きを確認する
・挿さりにくい場合は無理にソフトを入れない
・垂直にゆっくり入れる

この3つを守っていれば基本的に壊れることはありません。

なるべく壊れないのが一番ですので、是非参考にしていただければと思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

ゲームドクターではゲームスロットの修理以外にも 「ジョイコンが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「液晶破損」、「エラーコード」「水没」、「基板修理(電源が入らない)」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switchだけでなく、Switch Liteでも修理対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ