【修理屋が解説】Switchの修理を自分でするのは危険すぎる

Switch/Switch Lite修理専門のゲームドクターです。

 

今回は「壊れたSwitchを自分で修理するのは危険」な理由をご紹介していきます。

Nintendo Switch(Switch Lite)は非常に壊れやすい構造をしており、修理依頼も非常に多いです。

メーカーに修理を出すと、「値段が高い」、「データが消える」、「修理に時間がかかる」と言われて、思わず自分で修理する方向へ向かってしまう方がおられます。

しかし、Switchの修理は故障箇所によっては非常に難易度が高く、普通に分解するだけでもかなり神経を使わないといけません。

 

今回は実際の修理事例を出しながら、自己修理をオススメしない理由について修理屋が解説していきます。

Switch/Switch Liteを自分で修理しない方が良い理由

Switchの故障は様々です。
 
  • Switchが充電できなくなった
  • Switchが起動できなくなった
  • エラーコードが出て使えない
  • ブルースクリーンやオレンジスクリーンになった
  • ゲームが読み込まなくなった
  • 高温スリープになる
  • 液晶が破損してしまった

などなどです。

 

どの修理をとっても難易度が高く、やり方を一つ間違えると症状が悪化してしまったり、電源が入らなくなる等の重度のトラブルに繋がる恐れもあります。

Switchの中身を簡単に解説

Switchの中身は以下のような状態となっています。

このように様々な配線がされており、構造的には結構複雑です。

 

しかも、Switch自体がそもそも壊れやすい構造をしているため、修理途中に分解方法を間違うと基板が破損、ショートしてしまう可能性があります。

液晶交換やゲームスロットの交換などであれば、手先の器用な人や分解経験がある人ならできるかもしれませんが、正直オススメしません。

安く修理をしようと思い、壊してしまえば結果的にお金がかかる可能性もございます。

 

Switchの修理事例をご紹介

では、実際の修理事例をご紹介していきます。

 

今回は充電ができないとのことで持ち込まれたSwitchです。

充電ができないトラブルは非常に多く、充電口の修理は確実に素人では無理です。

修理経験がある修理スタッフの中でも熟練した技術レベルが無いと難しく、しかも顕微鏡やヒートガン、ハンダゴテなどの設備が必要となります。

たまたま道具が自宅にあっても、パーツを交換すれば言い訳ではなく、基板の状態なども把握しながら修理する必要があります。

 

今回紹介するのは、USBを外すと基板の”ランド”と呼ばれるハンダが付いている箇所が剥離したSwitchです。
グラつきがある充電不良のUSBによくある症状です。

このように、顕微鏡で見てランドをエナメル線で再形成するという超高難易度の修理を行わないといけません。

これをしてUSBを取り付けるのですが、単なるUSB交換のみでもかなり難易度が高いです。

これでやっとSwitchが充電できるようになります。

この修理を見ていただいたら分かると思いますが、かなり難易度が高く、メーカーが修理せずにゲームデータを捨ててでも”基板交換”をする理由は修理の難易度が高く、ここまでの修理ができるスタッフが中々いないことも関係しているのでは無いでしょうか。

 

一応、他の修理事例も載せて置くので気になる方は見てみてください。

ゲームドクターではデータもそのままで最短1日から修理できます

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

 

「液晶交換」や「ゲームカードの交換」、「バッテリー交換」などだけでなく、「基板修理」や「充電口の交換」、「エラーコード解除」などの高難易度修理にも対応ができます。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能です。(基板修理などの高難易度修理は数日お預かりとなります。)

自己修理にチャレンジするのもありですが、プロのスタッフにお任せして確実に直すか、メーカーに修理を出すのが安定で安心です。

 

ゲームドクターは全国どこからでも郵送修理対応が可能で、万が一修理が出来なかった場合、修理費費用は一切発生しません。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

【修理屋が解説】Switchの修理を自分でするのは危険すぎる”へ2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です