Switchのロゴマークからフリーズして進まない場合の修理方法

Switch修理専門のゲームドクターです。  

 

Nintendo Switchを起動させると起動のロゴマークから進まず電源が入らないという、不可解な壊れ方をしてるSwitchがごく稀にあります。

原因は様々で「本体基板の破損」、「メモリチップもしくはCPUの破損」、「ソフトウェアの破損」などなどがあります。
もっとも多いのが“本体メイン基板の破損”です。

メーカーに修理を出すとほぼ確実にデータが消える案件ですが、ゲームドクターにご依頼をいただければ、ゲームデータを維持したまま最短3日〜で修理が可能です。  

 

今回は「Switchがロゴマークから進まない理由」「実際の修理方法」をご紹介していきます。

Nintendo Switchがロゴマークでフリーズする原因

Nitendo Switchがロゴマークでフリーズする原因としまして、上記であげたように以下があります。

・本体基板の電源回路の破損
・メモリチップもしくはCPUの破損
・ソフトウェアの破損
 
などです。
 
 

この症状は突然現れる場合が多く、ほとんど“基板の破損”となります。
実際にブルースクリーンという重度の基板破損でも、同じような症状が見られます。

 

基板の故障箇所は主に電源関係のICチップもしくはメインメモリやCPUの破損です。
メインメモリやCPUが壊れると残念ながら直す術は無いのですが、電源回路系だと高確率で直ります。  

では、早速今回ご依頼をいただいたロゴフリーズしたSwitchの修理方法を見ていきましょう。  

ロゴでフリーズしたNintendo Switchを修理

今回、ご依頼いただたのは「突然ゲーム中にフリーズして、そのまま再起動をかけるとロゴでフリーズしてしまった」Switchとなります。

早速、ご郵送いただき確認をすると

こちらの起動画面のロゴで完全にフリーズをしていました。

この時、内部に電流が殆ど通っていない状態でしたので、電源系の回路が怪しいと判断したので、ここから分解をしていきます。

回路検査の結果「2R2」と呼ばれるインダクタの破損が見られたので、そちらを交換していきます。

交換後、充電器に挿して内部の電流値も測定すると

無事、充電マークも出て電流値も正常値に戻ってしました。

このまま数十分待つと

しっかりロゴから進み、無事起動しました。

ゲームデータもそのままなので、お客様にも大変喜んで頂けて何よりです。

ゲームドクターでは基板破損でもデータは消えません

メーカーの修理ではこのように電源が入らないなどの重度破損では、”基板交換”となります。なので、ゲームデータは全て消えてしまいます。

 

しかし、ゲームドクターではゲームデータが入った基板を直接直すので、ゲームデータは維持されます。
修理期間は3日〜5日程度となります。基板修理は検査箇所が多く時間が通常の修理よりかかってしまいます。

お客様の大切なゲームデータを取り戻すために、慎重に確実に作業を行なっていきます。


万が一、修理不可の場合はご料金は一切頂きません。(往復送料別)
なので、安心してどんどんご依頼ください。

まとめ

如何でしたでしょうか?

Switchの電源が入らなくて、ゲームデータがどうしてもという方は是非ゲームドクターにご依頼ください!  

 

ゲームドクターではプロのリペアスタッフがお客様のSwitchをしっかり直させていただきます。

もし、同じような症状でお困りの方はまずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラから

ゲームドクターをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です