Switchにゲームが読み込まずエラーが出る!?対処法と修理方法を紹介

Switch修理専門のゲームドクターです。

 

Nintendo Switchで「ゲームが読み込まなくなった」「ゲームカードを挿すとエラーが出る」などのトラブルに遭遇したことはありませんか?

恐らく、このブログを見ていただいているということは今現在、Switchでゲームが読みこまなくなっているのだと思います。

 

今回は「ゲームが読み込まなくなる理由」と「実際にゲームカードスロットを修理する方法」をご紹介していきます。

Nintendo Switchのゲームが読みこまなくなる理由

・ゲームカードを挿す向きを誤ってスロットのピンが曲がる
・ゲームカードを無理やり挿してスロットのピンが折れる
・内部の部品の劣化により部品のフレキシブル部の断線
 

殆どの場合、ゲームカードを誤った方向で挿したことによってスロット内でピンが折れることで読み込み不良が発生します。

突然読み込まなくなることは少なく、最初は読み込んだり読みこなかったりして徐々に症状が悪化します。
再度が何度挿しても読みこなくなりゲームカードで遊べなくなります。

 

それを防ぐために読み込んだり読みこまなくなったりした段階で修理に出されることをオススメします。

では、実際にゲームドクターでSwitchのゲームスロットを交換・修理する方法をご紹介していきます。

Nintendo Switchのゲームスロットを修理

では、実際のゲームスロットの修理事例を見ていきたいと思います。

修理事例1:Nintendo Switchのスロットのピンが折れてゲームが読み込まない

このパターンは一番多いです。

ゲームカードの差す向きを間違えたり、突っかかっているのに無理矢理差すことで起こります。

修理前の状態はこんな感じです。

エラーが表示されてゲームが読み込めないような状態です。

ゲームスロットの部品を確認すると

少し分かりずらいですが、ピンが折れているような状況です。

ここから分解を行い、ゲームスロットの部品交換を行っていきます。

壊れているスロットを外して、新しいスロット部品に交換をしていきます。

ここから組み上げて実際にゲームが読み込むかを確認していきます。

しっかり読み込むようになりました。

もちろん、ゲームデータもそのままです。

スロット交換であれば、基本的に1日〜2日程でご返却となります。(御福輸送期間抜き)

修理事例2:Nintendo Switchのゲームが読み込んだり読み込まなかったりする

続いての症状は「Nintendo Switchのゲームが読み込んだり読み込まなかったりする」とのことでご依頼をいただいた修理品となります。

ゲームが完全に読み込まなくなる前の状態であり、この場合ピン折れが無かったりもします。
ゲームのソフトを何度も抜き差しすることで、中の部品が摩耗し配線が断線したりすることでも、ゲームの読み込み不良は発生してしまいます。

お預かりした状態がこちら

先程と同じく読み込みエラーが発生してしまっています。

ここから分解し今回はゲームスロットが付いている部品ごと交換をします。

この部品を取り外し、新しい部品へと交換をしていきます。

この部品にはゲームスロットの他にタッチセンサーやイヤホンジャックが付いているため、交換後はしっかり動作確認を全て行い、組み上げていきます。

交換後は

こちらもしっかりゲームが読み込むようになりました。

修理事例3:ゲームカセットを入れると、Nintendo Switchの画面にエラーが出る

最後にこちらも「Nintendo Switchにゲームカセットを入れるとエラーが出る」とご依頼をいただきました。

このようなエラーが出て、全くゲームが全く読み込まないような状態です。

分解を行いスロット部品を交換していきます。

見た目はかなり綺麗な状態ですが、スロットの内部でピン折れがあるような状態です。

スロットを新しい部品に交換し、組み立てを行い動作確認をすると

しっかりゲームが読み込むようになりました。

以上、上記3つの修理の期間は最短修理日数の1日で完了しています。

もちろんデータもそのままで修理が出来ております。

Nintendo Switchのゲームスロットの修理を動画で解説

スマライフさんという現役のリペアマンでガジェット系・修理系のブログやYoutubeチャンネルを運営する方に実際に施設に来ていただき、Switchのゲームスロットの修理をして頂きましたので、「ゲームドクターではどのように修理を行っているのか?」と気になる方は、一度スマライフさんのYoutube動画を見て頂ければと思います。

Nintendo Switchのゲーム読み込み不良は高確率で直ります

このようにSwitchに取り付いているゲームスロットのスロット部の中のピンが折れていればそこを交換していきます。

大体の場合はスロットの部品の交換で直るのですが、動画内でも紹介されているように部品のフレキシブル部分の断線も併発している可能性があります。
その場合は断線箇所を突き止めて配線を修復したり、先ほど紹介したようにゲームスロットがついた部品ごと交換をいたします。

この2つの修理方法をすれば95%以上の確率で直ります。

ゲームドクターではスロット本体とスロット部分の基板の配線が断線していた場合でもご料金は変わりません。

修理後に再発を防ぐための対処法

修理後もやはり使用方法によっては症状が再発してしまう恐れもあります。

なので、修理後は以下のことに気をつけるようにしてください。

・ゲームカードが入りにくかった場合は、無理に押し込まず一度抜き出しゆっくり垂直に入れる
・ゲームカードが斜めになっているとピンを傷つけてしまうため、垂直にゆっくり差し込む
 
 
 

この2点を守っていれば、壊れる可能性も格段に少なくなります。

是非、修理後は以上のことに気をつけてください。

まとめ

如何でしたでしょうか?

Nintendo Switchのゲームスロットは経年劣化やゲームカードの差し込みを誤ると容易に壊れてしまいます。

もし、ゲームが読み込まない・読み込みづらいということであれば修理すれば基本的には直ります。

ゲームドクターでは今回のようなゲームスロットの故障意外にも「液晶が破損した」、「高温スリープ」、「エラーコード」、「水没」「電源が入らない」などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能です。(基板修理などの高難易度修理は数日お預かりとなります。)

ゲームドクターは全国どこからでも郵送修理対応が可能で、万が一修理が出来なかった場合、修理費費用は一切発生しません。

お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

 

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

Switchにゲームが読み込まずエラーが出る!?対処法と修理方法を紹介”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です