【レール交換で直る】Switchにジョイコンが読み込まない!?

Switch/SwitchLite修理専門のゲームドクターです。

「任天堂スイッチにジョイコンをつけても全く反応しない」と問い合わせをいただきました。

右側は全く反応せずに、左側は接続が途切れてしまうとのことでした。

実はこの症状は結構あります。主にSwitch本体のスライドレールが壊れてしまうことで起こってしまいます。

テレビモードで遊ぶ時は外してBluetoothを使用するので、あまり差し支えはありませんが、本体に挿して遊ぶ時は結構不便です。

今回は「Switchにジョイコンが反応しなくなる時の原因と対処法「Switchのスライドレール交換手順」をご紹介していきます。

任天堂スイッチのジョイコンが読み込まなくなるのは何故?

Switchのジョイコンが読み込まなくなる理由としては「ジョイコン自体の破損」、「本体のスライドレールの破損」の2つが上げられます。

ちなみに以前書いた記事でもこの辺はご紹介させていただいております。

【直ります】Switchのジョイコンが反応しない・接続が切れる!?

なので、まずジョイコンが反応しなくなれば、いつも使ってるジョイコンとは別のジョイコンを使用して、反応するかをまずは見てください。

これで問題無いようでしたら、そのまま継続してご使用をいただけます。

もし、ジョイコンを交換しても反応がしないようでしたら、本体のスライドレールが悪いです。
スライドレールが破損している場合は、そこを交換しないと直らないので、本体の修理が必要となります。

では、続いて実際に本体のジョイコン接続部分である、”スライドレール”を修理する方法をご紹介していきます。

任天堂スイッチのジョイコンレールを修理する

では早速今回運び込まれてきたSwitchを見ていきます。

右のジョイコンが全く反応しておらず、左は一応反応はしますが、持っていると途切れてしまう状況です。

ここから分解を行い、修理をしていきます。

まず、右のスライドレールから交換をしていき

続いて、左のスライドレールも交換をしていきます。

この後に組み立てを行うと

しっかり両方反応するようになりました。

持っていても接続が途切れないことを入念に確認を行い、無事修理完了となります。

もちろんデータもそのままで修理が完了しており、修理期間も1日と最短修理期間でご返却です。

ゲームドクターにご依頼をいただければ短期間で修理可能

ゲームドクターにはプロのリペアスタッフが常駐しており、修理品が届き次第すぐに修理をさせていただくので、一部の高度な修理技術を必要とする修理以外は基本的に1日〜2日で修理が可能です。(往復輸送期間抜き)

メーカー修理では2週間かかると言われて、長い間Switchを手放してゲームで遊べないのが嫌な方は是非ゲームドクターにご相談ください。

ゲームデータもそのままで最速で確実な修理をさせていただきます!

まとめ

いかかでしたでしょうか?

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。
なので、短期間で確実に丁寧な修理対応が可能です。

ゲームドクターではジョイコン接続不良の修理以外にも 「液晶が破損した」「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「基板修理(電源が入らない)」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switchだけでなく、Switch Liteでも修理対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

ゲームドクターをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です