ニンテンドースイッチ 充電が出来ず、テレビにも映らない?

Switch/SwitchLite修理専門のゲームドクターです。 本日は【充電器(任天堂のACアダプター)を使って充電をしても充電が出来ず、テレビにも全く映らないNintendo Switch】の修理を行いました。 今回はUSBコネクターの交換と基板修理でどちらの症状も復旧しておりますので、修理レポートをさせて頂きます。

充電が出来ずテレビにも映らないNintendo Switchの修理

  こちらが今回修理を行ったNintendo Switchです。 充電器を繋げても充電マークはつかず、TVモードで使用する専用のドッグに接続しても一瞬だけ緑ランプが点灯しましたがすぐに消え、テレビにも全く映らなくない状態でした。 まず分解を行い基板のチェックを行ったところ、 【USBコネクター(充電口)の内部のピンが破損】 【基板のICチップ(ディスプレイの信号を充電口に出力するICチップ)】 の2点の破損が見受けられました。   それでは実際に故障個所の部品の交換を行っていきます。   ICチップを取り外し、新しいICチップの取り付けを行いました。 次に内部のピンが破損してしまっているUSBコネクターの交換を行います。 故障していたUSBコネクターと基板のICチップの交換が完了しました。 Switchの組み立てを行い充電器を繋げてみると、        しっかり充電が出来るようになり、テレビモードでも問題なく使用できています。 このような充電が出来ない症状やテレビモードで使用出来ない症状でもゲームドクターではデータを消さずに修理を行う事が可能です。  

充電口の内部のピンが破損する原因と対処方は?

今回の故障箇所にもあった、USBコネクターの破損ですがゲームドクターではたくさんのお問い合わせ・ご依頼を頂いております。 修理品の点検を行うと、 ・充電口の内部のピンが折れている又は変形している。 ・充電口が通常のものよりグラついている。 この2点の壊れ方をしているSwitchのご依頼がほとんどです。 その影響で今回のように基板のICチップも壊れてしまう可能性があるため、気を付けてご使用して頂ければ長くNintendo Switchをご使用していただけると思います。  

USBコネクターが破損してしまう原因と対策

①充電器を強引に抜き差ししている。 →Nintendo Switchの充電器にはType-Cという物が使われています。 こちらはiPhoneの充電器のように裏表関係なく使用が出来るのですが、斜めから充電器を繋げたり、無理やり引っ張って充電器を抜くと、本体側の充電口のピンが変形してしまう可能性があるため、充電を行う際や充電器を抜く時はまっすぐ丁寧に抜き差しを行いましょう。 ②充電器に繋げたままプレイしている。 →Nintendo Switchの充電口は本体の重さに対し非常に脆く、充電ケーブルを差しながらプレイしているとその不可に耐えられず充電口がグラついてしまい、最終的に充電が出来なくなってしまうことが多いです。 また充電しているときに、充電器に足を引っかけてしまい充電が出来なくなってしまったというお問い合わせもよくございますので、充電をする際はなるべくプレイをしない、安全な場所で充電を行うようにしていただくと故障もしづらく、長くNintendo Switchをご使用できるかと思います。   万が一壊れてしまった場合でも、ゲームドクターにお任せして頂ければ、データも消さずに修理可能ですのでご安心ください。  

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回のご紹介させていただいた、充電が出来ない/テレビに全く映らない症状以外にも、 【ゲームソフトが読み込まない】【キャラクターが勝手に動く】【画面の液晶が割れてしまった】【急に電源が付かなくなった】など、ゲームドクターでは様々な症状の修理をデータも消さずに修理を行う事が可能です。

Nintendo Switch/Switch Liteの故障でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラから

ゲームドクターをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です