Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

Nintendo Switch 充電不良の修理

Switchが充電できない!?修理事例と対処法を紹介

Switch修理専門のゲームドクターです。

 

Nintedo Switchが「充電できなくなった」、「足を引っ掛けて充電端子が折れた」、「角度によって充電ができない」などの症状になっていませんか?

Nintendo Switchの充電ができなくなるトラブルは非常に多いです。

メーカーなどでは修理するにあたってゲームデータが消えてしまい、バックアップを取る前に充電が切れてしまえば再び充電ができるようにならないとゲームのバックアップを取ることはできません。

 

今回は「Switchが充電できなくなる理由」と「実際に修理する方法」をご紹介していきます。

Nintendo Switchが充電できなくなる理由

Nintendo Switchが充電できななる理由は様々です。

・使用による経年劣化で徐々に充電ができなくなる
・足を引っ掛けてしまい充電端子が折れた
・内部の基板がショートし充電ができない

などの原因が挙げられます。

 

中でも一番多いのが経年劣化による充電不良です。
充電口がグラグラしてきて充電がしにくくなってくるのが初期症状でもあります。

この段階で修理をすれば殆どの場合、充電口の交換のみで対処が可能となりますが、不安定なまま使用をしていると充電口内部の端子同士が接触しショートしてしまう恐れもあり、本体のメイン基板が破損し修理がより複雑になります。

ゲームドクターではそのような場合でも復旧を試みることは可能ですが、やはり早期の段階で交換し改善するに越したことはありません。

 

では、実際にゲームドクターでSwitchの充電口を交換する方法をご紹介していきます。

充電ができないNintendo Switchの充電口を修理

ゲームドクターでは専用の修理施設でSwitchの修理を行います。

では、実際の修理事例を見ていきましょう。

修理事例1:Nintendo Switchの充電口のピンが折れて充電できない

今回運び込まれてきたSwitchは充電コードに足を引っ掛けて充電ができなくなったSwitchです。

まずはこちらを見てください。

ピンが中で折れてしまって全く充電ができない状態です。

ここから分解を行い、修理をしていきます。

まずは壊れた充電口を取り外していきます。

Switchも充電口のピンは2層構造になっているため、取り外しの際はかなり慎重に行わなくては半田面が剥離してしまったりもします。

取り外しが完了すれば、残った半田面を綺麗にしていきます。

この作業も怠ってしまえば、新しい充電口を取り付けた時にしっかり取りつかないので、慎重に行っていきます。

新しい充電口の取り付けが完了すれば、充電確認を行っていきます。

しっかり、充電が行えるようになりました。

更に充電口はTVモードの出力にも関わってくるので、TVモードの確認も行い問題なければ修理完了となります。

もちろんデータもそのままで問題なくUSB交換のみであれば最短で2日程でご返送が可能です。

修理事例2:グラつきがあり充電できないNintendoSwitch

では続いて、USBにグラつきがあり全く充電ができないSwitchです。

修理前の状態はこんな感じです。

グラつきとピンもグチャグチャになっています。

ここから分解を行っていきます。

表面上は全く損傷していないように見えますが、基板を取り外すと

USBパーツの外装が外れてピンが剥き出しの状態でした。

ここから壊れたUSBパーツを取り外していきます。

するとグラつきにより、内部の半田面(ランド)の下段部分が全て剥離しているような状態でした。

この状態でUSBを取り付けても充電ができないため、ランドの再形成を行っていきます。

エナメル線で再形成を行ったので、ここから新しいUSBを取り付けていきます。

しっかり取り付いたので、充電確認とテレビへの出力を確認していきます。

しっかり充電とテレビ出力が可能となりました。
*ランドの破損具合によってはテレビモードが使用できなくなることもあります。充電はランドが剥離していても修正をすれば、ほぼ確実にできるようになります。

こちらは少し工程数がかかったため、3日程でご返送となりました。

もちろんこの場合でもデータはそのままでご返却となります。

Switchが角度によって充電できず、起動もしない場合の対処法

Nintendo Switchの充電口の修理を動画で解説

スマライフさんという現役のリペアマンでガジェット系・修理系のブログやYoutubeチャンネルを運営する方に実際に施設に来ていただき、Switchの充電口の修理をして頂きましたので、「ゲームドクターではどのように修理を行っているのか?」と気になる方は、一度スマライフさんのYoutube動画を見て頂ければと思います。

このようにSwitchのメイン基板を取り出して充電口の交換を行っていきます。

もちろんこの修理には高度な技術が必要であり、経験を相当つまないとできない修理ではあります。
ゲームドクターでは現役のプロのリペアスタッフが修理していますので、ご安心ください。

 

今回スマライフさんに紹介して頂いたのは中古で購入されたジャンクのSwitchで過去に修理されていたものでした。
このようにSwitchは非常に壊れやすいので、中古市場に出回っているものは過去に修理されたものも出回っています。

無事、充電口の交換のみで充電ができるようになり問題なく遊べるようになりました。

まとめ

如何でしたでしょうか?

何度も言うようにNintendo Switchは構造上、非常に壊れやすい端末でもあります。

「なんかおかしいな?」

と思う段階で修理に出されることをオススメします。
早期の処置が修理費用を抑えることにも繋がりますし、症状を悪化して修理が複雑になることを防ぎます。

 

ゲームドクターでは今回のような充電口の故障意外にも「液晶が破損した」、「ゲームが読み込まない」、「高温スリープ」、「エラーコード」、「電源が入らない」などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能です。(基板修理などの高難易度修理は数日お預かりとなります。)

ゲームドクターは全国どこからでも郵送修理対応が可能で、万が一修理が出来なかった場合、修理費費用は一切発生しません。

お困りの方はお気軽にご相談ください!

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ