Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

Nintendo Switch Lite エラーコードの修理

【修理】Switchにエラー 2022-2629が出る場合の対処法

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

先日、お問い合わせにて「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)にゲームカセットを挿すとエラーコード 2022-2629が出てしまう」とお問い合わせをいただきました。

ゲームソフトを挿す度に出てしまうので、まともにゲームも出来ずエラーコードが出た後は操作も全くできなくなるとのことです。
メーカーに修理を依頼するとメイン基板の問題なので、データが消えてしまうと言われたため、ゲームドクターにご相談いただきました。

今回は「Nintendo Switchにエラーコード 2022-2629が出てしまう原因」「実際に修理をする方法」について徹底解説をしていきたいと思います。

Nintendo Switchにエラーコード 2022-2629が出てしまう原因

このエラーコードが出てしまう主な原因としまして、メイン基板の破損・不具合が考えられます。

これは他のエラーコードでも同じような原因が考えられ、ソフトウェアの問題もしくはメイン基板の不具合がエラーコードが出る原因として最も多いです。

【対処法】エラーコード2134-0501が出たNintendo Switchを修理

【修理】 Switchにエラーコード2101-0001が出て電源が入らない

しかし、エラーコードが出てすぐに修理というわけでは無く、まずは一旦再起動などを試してエラーコードが解除されないかを確認してみてください。
ソフトウェアの不具合の場合、再起動を行うと症状が改善する場合もあります。

しかしながら、再起動で一時的に改善がしても同じエラーが何度も出る場合、やはり基板の損傷が考えられるので、修理が必要になってきます。

基板が壊れている場合、メーカー修理だとデータが消えてしまう可能性が非常に高いので、バックアップを取っていない場合は注意が必要です。
ゲームドクターであれば、壊れているメイン基板を直接直すので、データもそのままで修理対応が可能です。

では、実際に修理をする様子を紹介していきます。

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

エラーコード 2022-2629が出るNintendo Switchを修理

今回、運び込まれてきたのは、「ゲームソフトを使用して遊ぼうとすると、エラーコード 2022-2629が出て全くゲームで遊べない」とのことで、ご依頼をいただきました。

修理前の状態はこんな感じです。

機種はSwitchLiteですが、通常のSwitchでも同じような症状が出ることがあります。
ここから分解を行い、修理をしていきます。

メイン基板を取り外し、故障箇所の特定を行っていきます。

すると、ゲームソフトの読み込み回路がある付近のICチップに損傷が確認されたため、交換を行っていきます。

交換後、組み立てを行いエラーコードが解除されたかを確認します。

無事、ゲームが読み込んで、エラーコード表示もなくなりました。

何度かゲームの読み込みをさせて問題無かったため、修理完了となりました。

ここまでの作業時間は3日程(動作検証込み)で、ゲームデータもそのままで修理が完了しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エラーコードが発生してもしっかり対処を行えば、データも消さずに修理が可能です。
基板修理を行っているので、ゲームデータのバックアップは小まめにお取りいただくようにお願いをしております。

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

様々な故障内容に対応しており、「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「電源が入らない」、「エラーコード解除」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switch/SwitchLite/有機ELモデルのSwitchもご対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください!

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ