Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

Nintendo Switch イヤホンジャック修理

【修理・対処法】Switchのイヤホンから音が聞こえない!?【片方?両方?】

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

ゲームドクターによくお問い合わせをいただく故障として「Nintendo Switchのイヤホンジャックにイヤホンを差しても認識しない/全く音が聞こえない」症状があります。

イヤホンジャックのトラブルは購入後、1年〜2年程経っているSwitchに多く、両方聞こえない時と片方のみしか聞こえないパターンもあります。

今回は修理例を踏まえて、「Switchのイヤホンジャックが壊れた場合に出る症状」「ゲームドクターで行うイヤホンジャックの交換方法」についてご紹介していきます。 

Nintedo Switchのイヤホンジャックが壊れた時に出る症状

Switchのイヤホンジャックが壊れた時に出る症状として、以下の3つがあります。

・イヤホンから全く音が出ない
・イヤホンのどちらか片方からしか音が出ない
・イヤホンのマイク機能が使えない

3つ目以外は確実にSwitch本体のイヤホンジャックの故障が原因です。

 

1つずつ症状の説明をしていきます。

まず、全く音が出ないパターンの特徴として、イヤホンをSwitch本体に差した時に左上にイヤホンマークが一瞬現れるのですが、完全に壊れてしまった場合はこのマークが出ず、イヤホンを差した状態でも音を流すとスピーカーから音が出ます。

次に片方しか聞こえない場合は、イヤホンを差した時に左上にイヤホンマークが出ることは多いですが、イヤホンからの音が片方しか聞こえないです。
経験上、左耳が聞こえないことが多いです。

この2つは確実にイヤホンジャックの故障になります。

 

続いてマイク機能が使えない場合ですが、このマイク機能の問い合わせとして多いのが「フォートナイト」のボイスチャットが使えないパターンです。

もし、イヤホンの接続も不安定でかつボイスチャットが出来ない場合は、イヤホンジャックの故障も考えられるのですが、全くイヤホンの機能に問題が無く、「フォートナイト」におけるボイスチャットのみが出来ない場合は、Switch本体のOSとフォートナイトのゲームソフト間の不具合が問題ですので、基本的に修理で直すことが出来ませんので、ご注意ください。

以上3つのパターンが故障の特徴となります。

でが、続いてゲームドクターで実際に行ったSwitchのイヤホンジャックの交換修理を見ていきましょう。

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

イヤホンジャックが使えないNintendo Switchを修理する

でが、早速実際にイヤホンが壊れたSwitchの修理方法を2つほど見ていきましょう。

修理事例①:イヤホンが全く反応しないNintendo Switch

今回運び込まれて来たのは、「イヤホンを差しても左上にイヤホンマークができない」Nintendo Switchとなります。

修理前はこんな感じです。

イヤホンを差しても全く反応しないような状態で、このまま音を出すとスピーカーから音が出ます。

ここから分解を行い、イヤホンジャックを交換していきます。

イヤホンジャックの部品はゲームスロットの部品と一緒についているので、これを外して交換作業をしていきます。

画像右の黒い部品がイヤホンジャックをなります。

破損しているジャックを外して、部品を交換していきます。

交換が完了すれば、組み立ててイヤホンが認識するかを見ていきます。

しっかり左上にイヤホンの認識マークが表示されましたね。

もちろん、イヤホンは両方からしっかり音が出るようになりました。

 

作業時間は1日で完了したので、届いた翌日にはご返却をなりました。
イヤホンなどのパーツ交換のみの修理は基本的に1日〜2日でご返却となります。

もちろんデータもそのままで修理を行っております。

修理事例②:Nintendo Switchのイヤホンがブツブツ途切れる

続いて、「イヤホンが反応しなかったり、ブツブツ途切れたりする」と問い合わせがあったSwitchです。

修理前の状態はこんな感じです。

修理前はイヤホンが殆ど反応せずに、反応しても音が途切れるような状態でした。

ここから分解をして先程と同じく、イヤホンジャックの部品を交換していきます。

イヤホンジャックの交換が完了したので、組み立てて動作確認を行っていきます。

しっかり反応して、音が途切れることも無くなりました。

 

こちらも作業時間は1日で完了したので、届いた翌日にはご返却をなりました

データもそのままで修理を行っております。

【修理】SwitchLiteのイヤホンから音が聞こえなくなった時の対処法

まとめ

いかかでしたでしょうか?

イヤホンが使えないと意外と不便で、夜に静かに音を出しながらゲームができなくなります。
イヤホンジャックが壊れる前の症状として音が「ブツブツ」途切れるような感じがあります。
そうなると、壊れる前兆になるので早めに修理をしましょう。

ただ、イヤホン側が壊れている可能性もあるので、何本のイヤホンで試してダメだった、是非ご相談ください。

 

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

ゲームドクターではイヤホンジャックの修理以外にも 「液晶破損」「ゲームが読み込まない」、「充電ができない」「高温スリープ」、「水没」、「基板修理(電源が入らない)」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switchだけでなく、Switch Liteでも修理対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ