Nintendo Switch・Switch Liteの故障を迅速に解決します。データもそのままで修理可能。液晶破損、ゲームが読み込まない、充電ができない、電源が入らないなどお気軽にご相談下さい。北海道・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄など全国どこからでも郵送修理でご依頼が可能です。

Nintendo Switch・SwitchLite専門修理
ゲームドクター

修理実績

新型Switch(有機ELモデル)ゲーム読み込み不良の修理

【対処法】Switch(有機ELモデル)にゲームが読み込まない!?修理方法を解説

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

まだ発売して間もない新型Switch(有機ELモデル)ですが、ゲームドクターにも少しずつ修理の問い合わせをいただいております。
そんな中、先日このような問い合わせがありました。
「新型Switch(有機ELモデル)にゲームが読み込まなくなり、エラーが出てしまう」

まだ、発売されて間もない新型Switchですが、”あること”が原因でゲームの読み込む不良が出てしまうことがあります。

メーカー修理もまだ保証で対応可能ですが、修理に時間がかかるとのことで、最短1日〜で修理が可能なゲームドクターにご依頼をいただきました。

本記事では「新型Switch(有機ELモデル)にゲームが読み込まなくなる理由」「自分で出来る対策とゲームドクターで最短1日で修理する方法」についてご紹介をしていきます。

*旧型SwitchやSwitchLiteでもゲーム読み込み不良の修理対応は行なっております!

新型Switchにゲームが読み込まずエラーが出る原因

新型Switchにゲームが読み込まなくなる理由として2つあります。

・ゲームソフトの読み込み端子の汚れ
・本体のスロットの破損

となります。

ゲームソフトの読み込み端子汚れに関しては自分で出来る対策ので、そちらを紹介していきます。

ゲームソフトの読み込み端子が汚れていないかを確認

ゲームの読み込み端子が汚れていると基本的に全てのSwitchで読み込むことが出来ません。
なので、2台以上Switchを持っている場合は他のSwitchで読み込むかを確認してみましょう。

もし、読み込まなければ端子汚れが考えられるので、以下の画像の箇所をアルコール綿棒などで拭いて見てください。

長く使っているゲームソフトなどですと、赤枠の箇所が汚れて読み込み不良を起こすことがあります。
汚れていれば一度赤枠の読み込み端子を清掃してみてください。

それでも読み込まない場合は本体のゲームスロットの破損が考えれます。

Switchのゲームスロットが破損する原因

ゲームスロットの破損の原因として、最も多いのがゲームスロットのピン折れです。

・ゲームソフトを違う方向で差してしまった
・ゲームソフトを斜めに無理矢理差してしまった
・長年の抜き差しでピンが折れた

などが考えられます。

 

旧型のSwitchはゲームスロットの部品自体が配線が経年劣化で破損する例もありましたが、新型Switchでは部品に断線しないように対策がされているので、断線が原因になることは考えにくいです。

https://gamedoctor.jp/2020/11/12/switch%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%8C%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%BE%BC%E3%81%BE%E3%81%AA%E3%81%84%E5%AF%BE%E5%87%A6%E6%B3%95%E3%81%A8%E4%BF%AE%E7%90%86%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%82%92%E7%B4%B9

では、続いて実際にゲームドクターで行う修理方法について解説をしていきます。

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

新型Switchのゲームスロットを交換・修理

では、実際に行った修理事例を2つ程、紹介していきます。

修理例①:ピンが曲がりゲームが読み込まなくなった Nintendo Switch(有機ELモデル)

今回運び込まれてきたのは、「ゲームソフトを反対方向に差してから読み込まなくなった新型Switch」です。

修理前の状態はこんな感じです。

このようなエラーが発生してしまいます。

スロットのピンを確認すると

ピンが斜めに折れているのが、外側から目視でも分かります。
こうなるとゲームを読み込むことは出来ません。

ここからスロットの交換をするために、分解を行なっていきます。

これが、新型Switch(有機ELモデル)のゲームカードスロットになります。

この部品にはゲームスロットの他にイヤホンジャックやSDスロットも一緒についています。
今回は写真に映ってる銀色のスロットパーツを交換していきます。

新型Switchのゲームスロットの交換は旧型のSwitchに比べて構造的に、修理の難易度が上がっています。
慎重にスロットを取り外し、新しいパーツに交換していきます。

交換が無事完了すれば、組み立てて読み込み確認を行なっていきます。

無事、読み込むようになりました。

これで修理完了となります。
修理期間は1日データも消さずに修理しています。

修理例②:急にゲームが読み込まなくなった Nintendo Switch(有機ELモデル)

続いて依頼をいただいたのが、「急にゲームが読み込まなくなった Nintendo Switch(有機ELモデル)」となります。

ただ、”急に”と問い合わせをいただいておりますが、中を確認すると僅かにピンが曲がっており、それが原因で読み込まない状態でした。

修理前の状態はエラーが発生し、全く読み込まない状態です。

同じく分解を行い、修理をしていきます。

破損しているスロットパーツを取り外し、交換をしていきます。

交換が完了すれば、組み立てを行い動作確認をしていきます。

無事、こちらもゲームがしっかり読み込むようになっておりました。

修理期間は同じく1日ゲームデータも消さずに修理しております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新型Switch(有機ELモデル)はまだまだ対応しているお店が少なく、修理できるのはメーカーが限られた修理店のみとなります。
ゲームスロットは交換した後も、雑に扱うとまた壊れてしまうこともあるので、修理後はゲームソフトを「ゆっくり丁寧」に入れるようにしてください。

 

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。

「ゲームが読み込まない」、「液晶が壊れた」、「電源が入らない」「充電ができない」、「高温スリープ」、「水没」、エラーコード解除」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。
旧型のSwitchやSwitchLiteももちろん対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

>>お問い合わせはコチラから
*お見積もりは無料です!

>>ゲームドクターの評判を確認する方法はコチラから
*Twitterアプリに飛びます。過去のレビューは全て「いいね」しているので、そちらをご確認ください。

●【ゲームドクター】修理の特徴を動画で分かりやすく見る↓↓↓

 

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ