Switch本体が熱くなってバッテリーの減りが早い原因とは?

Switch/SwitchLite専門修理のゲームドクターです。

本日は「Nintendo Switchの背面が熱くなり、ゲーム中にエラーが出たりバッテリーの減りが早い」と問い合わせがありました。

同様の症状は使用年数が長いSwitchによくある症状で、あることが原因で起こってしまいます。
この本体が熱い状態で放置し無理矢理、使用していると本体に悪影響が及んでしまうこともあります。

今回は「Switch本体が熱くなってしまう原因・それに伴ってなぜバッテリーの減りが早くなるのか?」「ゲームドクターで行う実際の修理方法」について解説していきたいと思います。

Nintendo Switchの本体が熱くなる原因とは?

Nintendo Switch本体は起動させてゲームをするとある程度、発熱が出てしまうことは仕様上、仕方ないことです。

しかし、明らかに本体が熱くなったり、「熱い」と感じる「ゲーム中に高温スリープのエラーが発生する」などの症状が出た場合、主な原因として「ファンが破損し停止している」ことが考えられます。

 

Switchの発熱は基本的にCPUと呼ばれるコアの部分から発生し、CPUからヒートパイプを通って熱を伝え、ファンを使って外に熱を排熱します。

しかし、ファンが停止すると伝わった熱が全く排熱されずに中で籠ってしまいます。
こうなると本体が徐々に熱くなってしまいます。

このファンの故障に関しては埃や粉塵が内部に入ってしまうことで起こることが多く、ファンに絡まってしまい故障してしまいます。

あとは経年劣化や本体メイン基板の故障なども考えれます。

なぜ、熱が籠るとバッテリーの減りが早くなる?

リチウムイオン電池の性質上、温度か高いもしくは低い場合に放電率が上がる傾向になります。
なので、スマホなどでも使いすぎや夏場は、温度が上がりバッテリーの減りが早くなります。

あとは、温度劣化を起こしやすくなり長い間、高温状態で使用を続けるとバッテリーの劣化が早く進みます。

 

通常、リチウムイオン電池は2年(500〜600回の充放電)で、元の容量の80%程まで劣化してしまいます。
バッテリーの温度が上がると、この寿命が更に短くなってしまう可能性があります。

熱によって本体が完全に壊れることはある?

すぐに壊れることは基本的には無いですが、本体に熱が籠ると外装のプラスチックが湾曲しやすくなり、曲がってくることがあります。

外装が曲がってくると、内部のメイン基板も湾曲し、基板破損に繋がります。
本体湾曲によって引き起こされる症状として有名なのが、ブルースクリーンです。

【データ復旧】Switchの画面が青くなったブルースクリーンを修理

こういった起動不可の症状になってしまうその前に、修理を行い発熱問題を解決する必要があります。

では続いてゲームドクターで行う、「ファン修理と+バッテリー交換修理」について見ていきます。

熱くなるNintendo Switchのファンとバッテリーを交換・修理

今回は「本体がかなり熱くなり、エラーも出る。2年ほど使用しているのでバッテリーも交換してほしい」とご依頼をいただきました。

修理前に動画を回してバッテリー増減や発熱を確認すると、15分で20%ほどバッテリー消費があるような状態でした。

本体もかなり高温になり、バッテリーの減りもかなり早いような状況です。

分解をすると

本体に大量の埃が入っているような状況でした。

長年使用していると、ここまで中が汚くなってしまいます。

まずは、内部の清掃作業を行い、バッテリー交換をご希望でしたので交換をしていきます。

続いて、ファンを交換していきます。

交換後はファンがしっかり回転するかを確認していきます。

ファンの回転がしっかり確認ができれば、こちらで1時間程、任天堂オンラインの動画を回して、発熱やエラーが出なければ、修理完了となります。

写真を撮り忘れたのですが、CPUのグリス硬化が見られた場合はグリスの交換も行います。

充放電の確認も行い、問題が無ければ修理完了となります。

ここまでの作業時間は1日と最短日でご返却をなりました。(往復輸送機関抜き)
データもそのままで修理完了となります。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

本体が熱くなると色々な不具合が出る可能性があるので、早めに対処することが必要です。

 

ゲームドクターでは今まで数百台規模でSwitchを修理してきた、プロのリペアスタッフが常駐しています。 

ゲームドクターではファン交換やバッテリー交換以外にも 「液晶が破損した」「ゲームが読み込まない」、「ジョイコンが読み込まない」、「充電ができない」、「水没」、「基板修理(電源が入らない)」 などほぼ全ての故障に対して修理することが可能です。 Switchだけでなく、Switch Liteでも修理対応可能です。

基本的にデータも消さずに、最短1日〜で修理対応が可能で、全国どこからでも郵送修理対応が可能です。

まずは、お困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラから

この記事の監修者

ゲームドクター リペアスタッフ

ゲームドクターでは基板修理などの高度な技術を持ったリペアスタッフが2名在住。両スタッフがSwitchのみならずスマートフォンやパソコンなどの修理に5年程携わり、NintendoSwitchが発売されて以降、Switch修理の技術を取得。2年程、修理技術の向上に努め、昨年の2020年10月に専門の修理屋として独立。設立後、お陰様で現在までに数百台のSwitch/SwitchLiteの修理をさせていただきました。
これまで数千台規模のデバイス修理やNintendoSwitch/SwitchLiteを修理してきた経験を元に、読者に分かりやすく修理記事をまとめていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です